Amazonセラーセントラルとは?できることや活用方法について徹底解説!

更新日:2024/05/27
Amazonセラーセントラルとは?できることや活用方法について徹底解説!のアイキャッチ画像

本記事ではAmazonのセラーセントラルについて解説します。
Amazon セラーセントラルはAmazon運用の管理画面であり、商品販売や管理、分析まですべてできるツールです。


Amazonでの販売に欠かせないツールである一方、うまく使いこなせないもしくは出品を検討しているので仕様を知りたい、といった店舗様向けに本記事を執筆しています。

そもそもの概要や使い方について細かく解説してまいりますので、ぜひ最後までご閲覧ください。

また、弊社ではAmazonにおける売上アップにつきまして店舗様の現状を分析した上での無料でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡頂ければと存じます。

Amazon セラーセントラルとは?

Amazon セラーセントラルとは、Amazonで商品を出品する際に使用する管理画面です。
販売や管理の他、分析機能も含めすべてまとめられているため、Amazon運用に欠かせません。

Amazon出品の形態は本記事で紹介している「セラーセントラル」と「ベンダーセントラル」の2通りあります。

Amazon セラーセントラルと、ベンダーセントラルの違い

ベンダーセントラルは、Amazonに商品を卸す業者が使用するシステムです。

ベンダーセントラルへの出品者はAmazonに商品を卸す役割のみ担い、運用はすべてAmazonが実施します。

特に自社で手を動かす必要がないのでリソースを削減しながら販売できるというメリットがある一方で、自社で価格設定ができない(=基本的にAmazon内の最安値に合ってしまう)ため、利益の調整ができないというデメリットがあります。

一方の本記事でご紹介するAmazon セラーセントラルにつきましては、自社でAmazon内で出品する場合に使うシステムとなり、すべて店舗様側で設定し運用していくので自由度は高い一方で、一定の手間やリソースは当然かかってきます。

Amazon セラーセントラルでできること

それでは実際にAmazon セラーセントラルでできることを紹介していきます。

出品・在庫の管理

Amazon セラーセントラルでは、出品や在庫の管理ができます。

まず「Amazon セラーセントラル」にログインし、左上のメニューバーを開きます。

出品管理については「カタログ」を選択します。
出品したい商品の登録や、出品申請ができます。

在庫管理については「在庫」を選択します。
Amazon内で在庫切れにならないようにしっかりと確認し管理しましょう。

注文の管理

メニューバーで「注文」を選択すると、注文の管理ができます。

注文一覧を一括で管理することや、出荷の通知、返品の管理も行えます。
注文日や注文状況、商品名など細かい情報が一覧で確認できます。

価格の管理

メニューバーで「価格」を選択すると、価格の管理ができます。

出品商品の価格変更はもちろんのこと、価格設定が妥当化の把握や、価格の自動設定も行えます。
都度変更するのではなく、あらかじめ価格についてルール付け設定しておけば、大幅に工数を削減することができます。

価格設定についてお困りの方や雑務の工数を削減し戦略的な業務に時間を割きたい店舗様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。無料にて分析させていただきます。

【無料ご相談はこちらから】

広告の管理・運用

Amazonの広告に関しては、セラーセントラル上で運用と管理をする必要があります。
スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告などに代表される様々なAmazon広告の運用、分析が可能です。

※スポンサーブランド広告を利用するには、「Amazonブランド登録」が必要になります。以下記事も併せてご参照ください

Amazonでは広告キャンペーンを作成する際、ターゲットとする顧客層も設定できるのでしっかりと設計しましょう。

Amazon FBA 登録・管理

Amazon セラーセントラルでは、メニューバーの「在庫」からAmazon FBAの登録も行えます。

FBAの詳細につきましては以下記事もご参照ください。

分析レポート

メニューバーの「レポート」から、各種売上の分析を行えます。

売上だけでなくセッションの分析や、商品別の分析も実施できるのでぜひ積極的に活用しましょう。

Amazonテクニカルサポートへのお問い合わせ

Amazon セラーセントラルでは、Amazonテクニカルサポートへの問い合わせもできます。

メニューバーの「ヘルプ」を選択し、メール、チャット、電話いずれかで問い合わせます。
Amazonでは突然の出品停止など、様々なトラブルが生じることがあるためAmazonテクニカルサポートサポートの活用は欠かせません。

Amazon セラーセントラルに登録するには

ここからはAmazon セラーセントラルへの登録方法について解説します。

Amazon セラーセントラル登録に必要な書類

1.本人確認書類

本人確認書類に関しては、パスポートや運転免許証など、行政機関が発行した顔写真付きの身分証明証が必要です。
※マイナンバーカードは使えません。

スマートフォンなどで撮影した画像もしくはスキャンデータを提出することになります。

2.取引明細書

次に、取引明細書が必要です。

Amazonの販売においては販売手数料が発生するため、出品者に支払い能力があるか確認するための物です。

公共料金の請求書やクレジットカードの利用明細書など、氏名や住所、銀行情報、発行日がわかる書類を画像もしくはスキャンし提出します。

3.Amazonのアカウント

Amazon セラーセントラルに登録するためには、事前にAmazonアカウントを保有しておく必要があります。

4.クレジットカードと銀行口座

Amazonへの支払い用のクレジットカード、ならびにAmazonから売上金を受け取るための銀行口座の容易が必要です。

5.登記簿謄本(法人のみ)

こちらは法人のみですが、登記簿謄本の提出が必要です。

「Amazon本人確認手順」を参照の上、正しく対応しましょう。

まとめ

本記事ではAmazon セラーセントラルについて概要と登録方法について解説してきました。
出品中の店舗様はもちろん、出品前の店舗様もAmazonの運用でできることの概要を掴んでいただけたらと思います。

弊社ではAmazon 出店に関するご相談や、現在Amazon出店をご検討している方々からの無料相談を承っています。ぜひお気軽にご連絡ください。

本記事を閲覧いただきありがとうございました。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる