Amazon FBAシミュレーターについて徹底解説!販売手数料の算出方法について

更新日:2024/05/27
Amazon FBAシミュレーターについて徹底解説!販売手数料の算出方法についてのアイキャッチ画像

本記事ではAmazonのFBAシミュレーターについて解説します。


FBAシミュレーターとは、Amazonでの販売の際に必要な手数料や利益を算出することができるツールです。


FBAシミュレーターはAmazonの既存出品者以外でも利用することができるため、Amazonでの出品を検討している店舗様にも有用なツールです。


Amazon FBAシミュレーターの仕様は都度更新されているので、最新の情報をお届けします。

そもそもの概要や使い方について細かく解説してまいりますので、ぜひ最後までご閲覧ください。

また、弊社ではAmazonにおける売上アップにつきまして店舗様の現状を分析した上での無料でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡頂ければと存じます。

Amazon FBAシミュレーターとは?

AmazonのFBAシミュレーターは、Amazonでの販売に必要な手数料の計算や、手数料の概算を通じて利益のシミュレーションを出すためのツールです。


FBAシミュレーターはAmazon出品者以外でも利用することができるので、これからAmazonでの出品を検討している方にも使えるサービスです。


FBA活用時と店舗出荷時の費用比較もできるので、Amazon FBAを検討されている際にも使えるツールです。

Amazon FBAシミュレーターの活用を通じ、Amazonでの利益を最大化しましょう。

また、Amazon FBAの概要につきましては以下記事もご参照ください。

Amazon FBAシミュレーターで算出できる項目

Amazon FBAシミュレーターを活用することで、以下の手数料を計算することができます。

①販売手数料

②基本成約料とカテゴリー別成約料

③出荷費用

④在庫保管の手数料

上記はAmazonで販売するたびに発生する手数料なので、これらを把握しておくことで商品の価格設定やセール時の値下げ幅の設定に役立ちます。

Amazon FBAシミュレーターの使い方

ここからは、Amazon FBAシミュレーターの実際の使い方を紹介していきます。


冒頭で述べた通りAmazon FBAシミュレーターは出品者でなくとも使えるので、出品者の方も出品を検討されている方もぜひ本記事を閲覧しながら実際に操作してみてください。

1.Amazon FBAシミュレーターにアクセス

まずは、「Amazon FBA シミュレーター」にアクセスします。


Amazonのセラーアカウントを持っている方は「セラーセントラルにサインインします」、持っていない方は「ゲストとして続ける」を選択してください。

2.Amazon内の対象商品を検索

次に、販売手数料を計算したい商品を選択しましょう。
出品済の場合は対象商材、これから出品を考えている方の場合は、これから出品予定の商品名で検索しましょう。

引用:FBA料金シミュレーター

3.対象商品に必要情報を入力

任意の商品を選択すると、各項目を入力する画面に移ります。

左がAmazonから出荷する場合の販売手数料、右がAmazonから出荷する場合の販売手数料です。
それぞれを比較することもできます。

4.配送方法を選択して計算

Amazon FBAシミュレーターで正確な販売手数料を計算するためには、Amazon FBAで出荷するのか自社で配送するのか選ぶ必要があります。


出荷費用欄に数字を入力することで、どちらがお得か概算が出せます。

これらの入力を終えたら右側の「比較グラフ」を押すと、売上や費用/コスト、純利益の比較がグラフで出てきます。


このグラフを見ながら適宜各項目の数字を修正し、利益を確保できる料金設定や配送方法を選択していきましょう。

※補足として、スマホでもAmazon FBAシミュレーターは使えますが、結論PCからの利用をおすすめします。基本的にAmazon FBAシミュレーター自体がPC向けのつくりになっているためです。

更に、PCと異なりスマホの場合はゲスト利用ができないため、Amazonセラーアカウントを持つ必要があります。

Amazon FBAシミュレーター利用時の注意点

ここまでAmazon FBAシミュレーターの使い方を説明してきましたが、Amazon FBAシミュレーターでは数字が合わなくなることがあります。
その原因についてここで解説します。

キャンペーン割引がうまく反映されない

Amazonでは、特定の商品カテゴリーの販売手数料を期間限定で割引するキャンペーンを定期的に実施しています。


ですがFBAシミュレーターは、キャンペーンなどの割引に対応していないケースがあります。
そうなると正しい販売手数料が出なくなるので、手間ですがキャンペーンも含めてチェックするようにしましょう。

消費税は別途計算の必要あり

Amazon FBAシミュレーターでは、上述のように消費税を入力する項目がありません。
なのでFBAシミュレーターで計算した販売手数料とは別で消費税を計算する必要があります。

混乱しないようにFBAシミュレーターで商品価格を入力する際、税抜き価格で入力しておくと計算がしやすくなります。

さらにAmazonでかかる販売手数料にも消費税がかかるため、販売手数料も消費税を含めて認識しておきましょう。

まとめ

本記事ではAmazonに出品している店舗様や出品を検討されている事業者や個人販売者の方へ向け、Amazon FBAシミュレーターの概要についてご紹介をしてまいりました。


Amazon FBAシミュレーターではFBAを活用するかの判断や、Amazonにおける販売手数料の算出が可能なので、ぜひ積極的にご活用ください。

弊社ではFBA利用に関するご相談や、現在Amazon出店をご検討している方々からの無料相談を承っています。ぜひお気軽にご連絡ください。

本記事を閲覧いただきありがとうございました。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる