【比較表DL可】Amazon広告運用代行会社おすすめ14選!選び方のポイントも解説

更新日:2024/04/22
【比較表DL可】Amazon広告運用代行会社おすすめ14選!選び方のポイントも解説のアイキャッチ画像

Amazonで広告運用を検討する際には、自社内で広告運用を行うかAmazonの代行業者に報告運用を依頼するか悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

例えば過去に別のECモールも含めて広告の運用されたことがない場合や、そもそもリソースの関係上をAmazonで広告を運用することが難しい場合についてはAmazon広告運用を代理店に依頼することで「早期に売上向上が期待できる」ということや「自社の業務負担の軽減とリソースの補完」に繋げることができます。

本記事では現在Amazonの広告運用をご検討されていらっしゃる方に向けて、Amazon広告運用のメリットデメリットや依頼する際のコスト、運用代行会社を選ぶポイントに加えておすすめのAmazon広告運用会社(代理店)をご紹介します。

保存版としてAmazonの広告運用代理店については比較資料のダウンロードも可能ですので、是非お気軽にダウンロードください。

※特にPRや広告費用などはいただいておりませんので、第三者の目線からご紹介しています。

ダウンロードだけで良い方は「こちら」からダウンロードください。

目次

Amazon広告運用代行を依頼するメリット

主にAmazonの広告運用代行会社に依頼することのメリットは以下の4つです。

・広告運用の成果が出る確率が高い(ROAS改善)

・広告運用に関わる業務をまとめて依頼できる

・自社にAmazon広告運用のノウハウが必要ない

・空いたリソースを重要業務に回せる

広告運用の成果が出る確率が高い(ROAS改善)

まずAmazonの広告運用会社に依頼するメリットとしては、広告の成果が出る確率が高くなることでしょう。

Amazonの広告運用は専門知識と経験を要する複雑であり、非常に重要な作業になります。

例えば自社でAmazonの報告を運用する際は以下のような疑問が出てくるかと思います。

・自社商品であればどの広告と相性が良いのか?

・その広告にいくら程度費用をかければ良いのか?

・その広告を運用するのにどの程度のリソースがかかるのか?

・広告効果を分析したあとにどのような対策を取れば良いのか?

Amazonの広告運用代行会社に依頼することで、上記のような疑問を全て解決し、適切な広告戦略の立案やデータ分析を通じて、より効果的な広告キャンペーンを展開することができます。

また現在広告運用中の場合でもプロに運用を任せることで、ROAS(Return On Advertising Spend=広告の費用対効果)の改善にも繋がる可能性が非常に高いです。

広告運用に関わる業務をまとめて依頼できる

そして2つ目はAmazonの広告運用に関わる業務をまとめて依頼できることです。

実は「Amazonの広告運用」と一言で言っても、様々な作業が発生します。Amazonアカウントの登録はもちろんですがそれ以外にもキーワード選定など重要な業務が発生してきます。

・Amazonアカウントの登録

・広告を出稿する商品の登録

・市場調査および競合調査

・広告予算策定

・広告運用者選定(自社内外含む)

・損益計算書作成(簡易版含む)

・Amazon広告運用の初期設定

・広告キーワード選定および設定

・ターゲティング選定

・広告文の作成

・商品ページの作成

・商品ページの最適化

・客単価設定

・分析・効果検証(PDCA)

・在庫管理(0だと掲載されないため)など

このように実際に書き出してみると、Amazon広告運用の作業内容が多岐にわたることがご理解いただけるかと思います。そのような作業を全て代行として任せることができるのも、Amazon広告運用代行会社をを活用するメリットになるでしょう。

自社にAmazon広告運用のノウハウが必要ない 

3つ目は自社にAmazon広告運用のノウハウが必要ないことです。すでにご紹介している通りAmazonの広告運用は専門的な知識が必要で、習得するまでに時間がかかってしまいます。

しかしAmazonの広告運用代行会社に任せることでそのようなノウハウを持たなくても、すぐに広告運用を始めることができます

もちろん他のECモールなどで広告の運用経験がある場合には比較的スムーズにAmazon広告の運用をスタートすることができる可能性もありますので、Amazonの広告運用代行会社に依頼する際は、自社でできる作業とお任せした方が良い作業を分けて検討することをおすすめします。

空いたリソースを重要業務に回せる

そして4つ目はAmazonの広告運用代行会社に依頼して空いた時間を重要な業務に回せることです。

自社でAmazon広告の運用をすることをまずは想像してみてください。

代表様などが運営している場合については特に報告の必要などないかと思いますが、例えば担当者様視点で考えると「経営者への報告用レポート」をパワーポイントで作ったり、報告用レポートの作成にあたってAmazonの店舗運営システムを触りながら効果の確認などをおこなっていくかと思います。

2週間に1回の報告だとしてもおそらく5〜6時間程度はレポート作成にかかってしまうかと思います。

そのような作業と時間を全てAmazonの広告運用代行会社に依頼することができるため、空いた時間を使って、例えば自社でしか行うことができない「仕入れ」や「商品開発」などに時間を回していくことで、より本質的な顧客体験を良くしていくという部分にフォーカスすることができるようになります。

Amazon広告運用代行を依頼するデメリット

そしてもちろんAmazonの広告運用代行会社に依頼することにはデメリットも存在します。

 主には以下の3つが デメリットになります。 

・広告掲載費の他にも追加料金が必要になる

・自社に広告運用のノウハウが蓄積されない

・情報の共有などが面倒な可能性もある

広告掲載費の他にも追加料金が必要になる

まずAmazonの広告運用代行会社に依頼する一番のデメリットはやはり「広告掲載費以外にも追加料金がかかってしまうこと」でしょう。

自社で行う場合は基本的には自社の社員がリソースを使ってAmazonの広告運用を行うため、広告掲載費以外には料金が発生しません。

しかし当然ですが業務委託費として、広告運用を任せる費用が発生してきますのでコストがかかってしまいます。

広告運用代行依頼の費用は主に以下のような支払い形式があります。

こちらは後ほど詳しくご紹介できればと思います。

・固定費

・成果報酬として売上の8~20%程度

・成果報酬として前年比較売上の15~30%程度

・広告費用の20%程度

もし予算に限りがある場合などについては、Amazonのアカウント登録やターゲティングなど、自社で行うことができる業務をある程度行った上で依頼するのも手です。

そのような場合にはパッケージではなく、柔軟に代行業務をカスタマイズしてくれる業者を選定することをおすすめします。

自社に広告運用のノウハウが蓄積されない

2つ目は自社にAmazon広告運用のノウハウが蓄積されないことです。

Amazonの広告運用代行会社に依頼する場合、当然ですが自社内の従業員はAmazon広告登録までのプロセスや、戦略について学ぶことはできません。

そのため運用代行会社との契約が終了した場合や、依頼した運用代行会社との相性が悪かった場合については、他の広告運用代行会社と契約をしなければなりません。

また当然ですが自社内にマニュアルなどを作ることもできないので、将来的な内製化での運用ができなくなります。

そのような懸念を解消する手段としては、広告運用代行会社に内製化パッケージがあるかどうかということも確認しておいても良いかもしれません。最初の半年程度はAmazonの広告運用を依頼して、その後内製化のプランに切り替えるなど柔軟な対応をしてくれるかが鍵です。

情報の共有などが面倒な可能性もある

そして3つ目のデメリットは自社での運用に比べて情報の共有などに時間がかかってしまう可能性があることです。

当然ですが「Amazonの広告運用の丸投げ」を謳っている代行会社でも、商品に関する情報をお渡ししたり、広告文のチェックなどについてはやり取りをしなければならないこともあります

また急な商品価格の変更などが起きる可能性もあるでしょう。そのような場合に自社内であればあまり多くの説明をせず共有ができるかもしれませんが、広告運用代行会社に任せる場合は、ある程度スプレッドシートで情報などを渡す必要があります。

最近ではChatworkやSlackなどを活用してスムーズに連携が取れる運用代行会社がほとんどですので、チャットを使ったコミュニケーションが取れるかということなども確認しておいた方が良いでしょう

【比較表DL可】Amazonおすすめの広告運用代行業者を14社を比較する

本記事で紹介している14社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しています。

短時間で各Amazonの運用代行会社の比較をしていただけます。

Amazon広告運用代行にかかる費用相場とタイプ

Amazonの広告運用代行の相場費用について

結論、Amazonの広告運用代行は1ヶ月あたりおおよそ15万円から50万円が相場とされています。

一部広告の作業だけを代行する代理店では5万円や10万円などでプランを提供している企業もありますが、どの範囲まで作業を代行してくれるのかということは確実に確認しておく必要があります。

自社が求めている範囲が低単価のプランで完結する場合はそちらを選んでいただいても問題ないかと思います。

またすでにご紹介している通り主に以下のようなプランでAmazonの広告運用代行費用を支払うケースが多いとされています。

固定費

→売上が上がるまでは費用がかかるが、成果がよければ費用が抑えられる

成果報酬として売上の8~20%程度

→売上が上がるまでは費用が抑えられるが、成果が上がるにつれて費用が高くなる

成果報酬として前年比較売上の15~30%程度

→売上が上がるまでは費用が抑えられるが、成果が上がるにつれて費用が高くなる

→ただし前年度と大きく売上が変わらない場合には受けてもらえないことも多い

広告費用の20%程度

→最初は自社の予算や売上に応じた費用を支払えるため安く抑えることができる

→ただし広告費用があまりに小さい場合は固定費が発生する場合がある

→無駄な広告費用が発生してしまう可能性がある

その他:初期費用

またその他、広告運用代行会社に依頼するにあたって初期費用が必要となってくる場合もあります。

運用代行会社によっては無料の場合もありますが、主には数万円から10万円程度となっており、広告出稿までに必要なアカウントの登録や商品登録、キーワード選定、広告文の作成など、事前の準備にかかる費用になります。

企業によっては初期費用内で市場調査や競合調査を行ってくれることもあります。

Amazon広告運用代行の費用帯ごとにみたサービスの対応範囲

月10万円以下の広告運用代行サービス

月10万円以下の広告運用代行サービスでは以下のようなサービスを提供していることが多いです。

・現状の分析

・初期の予算策定

・広告選定

・キーワード選定

・効果分析

・月次レポート

・月に1度のオンラインミーティング実施

月10万円以下の広告運用代行サービスでは、細かなキーワード調整や単価調整などはありませんが、基本的なところをまずは押さえて少しずつ売り上げを拡大していきたい企業様におすすめです。

月20~30万円の広告運用代行サービス

月20〜30万円以下の広告運用代行サービスでは以下のようなサービスを提供していることが多いです。

・現状の分析

・初期の予算策定

・広告選定

・キーワード選定

・ターゲティング選定

・効果分析

・広告以外の戦略提案

・商品ページ改善提案

・月次レポート

・月に2度のオンラインミーティング実施

月20〜30万円はAmazonでの広告運用について本格的なサポートが期待できる金額帯となります。基本的には広告運用以外にも商品ページの改善提案など、様々なサポートをしてくれることが多いです。

月50万円以上の広告運用代行サービス

月50万円以上の広告運用代行サービスでは以下のようなサービスを提供していることが多いです。

・現状の分析

・初期の予算策定

・広告選定

・キーワード選定

・ターゲティング選定

・SEO対策などのアクセス対策

・効果分析

・広告以外の戦略提案

・商品ページ改善提案

・月次レポート

・在庫管理対策

・内製化支援

・月に2度のオンラインミーティング実施

月50万円以上では広告以外にも本格的なSEO対策や、内製化支援、在庫管理対策(FBA登録支援)など、広告での売上拡大を中心として、それに付帯して売上拡大につながるサービスまで巻き取って代行してくれることが多いでしょう。

Amazonのコンサル会社選定の4つのポイント

数多くある運営代行会社の中で、どういった基準で選定するべきか3点の重要なポイントに分けてお伝えします。

1.担当者を選べるか

2.料金形態や契約期間が柔軟であるか

3.会社としてAmazonに強みを持っているか

4.継続的な提案を「能動的」に実施してくれるか

1.担当者を選べるか

Amazonに限らず広告運用の代行業務はどうしても「属人的な業務」になってしまうことに加えて、運用に慣れている人が行ったとしても「運用工数」がかなりかかってしまいます。

そのため、広告代理店やECコンサル会社に所属している担当コンサルタントだとしても、その担当者の力量次第でご支援先の売上に貢献できるかどうかということが決まってしまうという側面があります。

よくあるケースでは営業段階では役員陣が対応し、説得力のある提案をしてくれるものの、いざ契約となると経験の浅いコンサルタントが担当し、提案の質がガクッと下がってしまうこともあります。

なので契約時には担当が誰になるか、営業時と担当が変わるとしても顔合わせなどを通じ自社にとって納得感のあるサポートを受けられるかどうかを事前に見定めましょう。

2.料金形態や契約期間が柔軟であるか

広告代理店や広告運用の代行会社の契約検討にあたり費用感は当然最重視するポイントとなりますが、安易に安価な会社に発注してしまうとサービスの充実度が低く、本来の目的である「売上向上に繋がらない」という自体に陥りかねません。

次の代行会社を検討するにも1社目のサービス充実度が低いと自社内にも判断基準が蓄積せず無駄になってしまう他、毎月多くの競合店舗が参入するAmazonにおいてはスピード感の遅れが致命傷になりかねません。

なので絶対的な金額で判断するのではなく、サービスに見合った費用対効果が出るかで検討することをおすすめします。
代行会社(代理店)によっては提案段階でシミュレーションを出してくれるところもあるので、今後の見通しを元に判断しましょう。

また「契約期間」も重要な選定ポイントにすることをおすすめします。Amazonの運用代行で短期間(1ヶ月〜3ヶ月)で目覚ましい成果が出ることはまずないというのが正直なところですが、運用代行サービスにおいては「担当者との相性」や「レスポンスの早さ」も当然ながら重要になってきます。

代行会社との相性を図るためにも契約期間は短めに設定することをおすすめします。

3.会社としてAmazon運営に強みを持っているか

EC運用代行会社は数多くありますが、特定のECモールで売上を伸ばすにはそのモールへの精通度が鍵になります。

もちろん商品力や広告予算なども大切ですが、モール特有の施策にどれだけうまく乗れるか次第でAmazonで売上を伸ばせるかは変わってきます。なので例えばAmazon出身の担当がいるかどうかや、Amazon店舗で店長業務をやっていた方がいるかどうかを選定基準の一つに置きましょう。

4.継続的な提案を「能動的」に実施してくれるか

まだAmazonの広告運用代行会社(広告代理店)やコンサル会社と契約をしたことがない際は「当たり前」の様に感じられるかと思いますが、能動的かつ継続的に代理店から提案を受けられるかどうか確認しておくことをおすすめします。

どうしても契約期間が長くなってくると能動的な提案が減ってきてしまいますが、すでにお伝えしているようにAmazonは流動性の高いモールですので日々新たな競合の介入など、様々な問題が起こってきます

その様な日々起こる問題に気付き、対応を取っていけるように能動的かつ継続的なコンサル提案を受け続けられるかということがAmazon運営では鍵になります。

Amazonの広告運用代行会社おすすめ14選

ではここからはおすすめのAmazon広告運用代行会社(代理店)について14社ご紹介をしていきます。

Finner(フィナー)【経験社数1,000社・柔軟な契約可】

事業内容:ECコンサル・運用代行、CRMコンサルなど

Finner(フィナー)はAmazonや楽天の広告運用、コンサルティング、各種代行、出店サポートに対応している会社です。

最短1ヶ月から契約可能な点や、パッケージではなく業務範囲をピックアップして柔軟に費用感を調整できることがポイントです。

また、少数精鋭を謳っており取締役以上が担当コンサルタントになることから、サービスの質も保証されています。さらに経営陣がBtoCマーケティングに精通しているため、単なるAmazonの運営代行に留まらず、常に売上向上に向けた新たな施策提案があり、サポートが定型化・マンネリ化しないことも強みです。

デジマール株式会社【幅広い広告運用可・広告費用契約】

デジマールは透明性とデザイン性、コミュニケーション、スモールスタート、パフォーマンスを提供価値に置く広告運用代行会社になります。

Amazonの広告運用はもちろんのことFBAや、AmazonVineなどの活用支援も得意としています。目的に合わせた各種広告の活用支援をしてくれることも特徴で、他モールでは実際にCPA(顧客獲得単価)が1ヵ月で30%も改善した事例もあるようです。

株式会社いつも【業界大手・豊富な実績】

事業内容:全国のブランドメーカーに向けてのEC・D2Cの総合支援、M&A・成長支援

いつもはAmazonや楽天を中心としてEC運用やコンサルティングを行っている会社で、東証グロース上場企業です。

Amazon Adsのアドバンスドパートナーとして豊富な実績をベースにAmazon店舗の支援をしてくれます。EC責任者が選ぶAmazon市場支援No.1、ECマーケティング担当者が選ぶECノウハウ開発力No.1、EC売上アップ支援No.1に選ばれるなど非常に高い実績を誇っており、EC関係者からも注目を集めている企業です。

魅力的な特徴として幅広い業務範囲や豊富な支援実績、経験豊富なスタッフが多数在籍していることが挙げられます。また、Amazonに関しては売上フェーズごとの専用コンサルティングや独自のAmazon特化型レポートなどのサポートを受けることができる会社です。

株式会社ウェルボン【セールスドクター・SPN登録企業】

事業内容:Web制作、Amazonコンサルティング

ウェルボンはAmazonサービスのパートナーにも登録しているコンサルティング会社です。担当者がAmazon Adsの認定を受けたプロフェッショナルを受けていることが特徴です。

相談が非常にしやすく、チームとして伴走をしてくるため、ご支援先の担当者の成長にもつながるようなコンサルティングを提供しています。

ASUE株式会社【ブランディング・広告費用契約】

ASUE株式会社Amazon広告だけではなく、GoogleやSNS広告などを中心に各種幅広い広告運用をサポートしてくれる広告運用代行会社です。

また、広告配信だけではなくブランド認知向上までチーム体制でサポートしてもらえることが特徴で、広告運用だけでは売上が上がりきらなかった場合などについてもAmazon内の商品ページ改善など様々な観点で支援してくれますので非常におすすめの広告運用代行・コンサル企業です。

NE株式会社【契約前レポート・単月契約可】

事業内容:ECコンサル、運営代行 等

NE株式会社はECコンサルや運営代行、制作業務といったECに関する全般的な業務を行っている会社です。Amazonを含む様々なECモールに対応しており元ネットショップ店長をはじめとした各分野のスペシャリストからサポートを受けることができます。

契約前に施策提案や解析レポートの提出もおこなってくれるため、納得感をもって必要な広告運用業務を任せることが可能です。

株式会社DataSpoon【透明性の高い運用・利用広告費契約】

株式会社DataSpoonはWebプロモーションを専門に行っている企業です。Amazonだけではなく、Googleのリスティング広告など幅広く広告の運用代行を依頼することが可能です。

また、広告の質も非常に高く、Amazonの運用代行に必要な業務をすべてサポートすることが可能です。特にプランニングについては綿密なミーティングを行うことで商材やターゲットの深堀りを行います。

分析については日次でのレポートも提出してくれるため、安心してAmazonの広告運用もおまかせできる代行会社です。

JTR合同会社【完全成果報酬・モール出身】

JTR合同会社は、Amazonや楽天、などの出身者で構成される、Amazonでの売上アップに特化した会社です。

「EC領域の専門性を磨き続け最新・最高に保つこと」でAmazonでの販売においてプロフェッショナルと定義しており、Amazonの運営代行だけではなく、商品開発や内製化の支援も行っている会社です。

また完全成功報酬型でAmazonの広告運用はもちろん、運用代行・コンサルティングを依頼することが可能です。

株式会社ピュアフラット【企業専門担当制・モール出身者有】

ピュアフラットは、Amazonと楽天に特化したコンサルティングや運営代行等を行う会社です。

EC事業に特化したマーケティング会社で、売上拡大に向けて集客からサイト構築まで一気通貫でサポートしています。また、元Amazonのメンバーを中心にECコンサルティングのサポートでは、売上アップ率平均372%という実績があります。

株式会社サイバーエージェント【業界超大手・Amazonパートナー認定】

株式会社サイバーエージェントは、インターネット広告など幅広い事業を展開する会社です。Googleなどの代理店のイメージがあるかもしれませんが、Amazonの広告運用も行っています。

1998年の創業以来、インターネット広告事業は国内トップシェアの実績があり、非常に安心して広告運用を任せることが可能です。また「Amazon Ads パートナーネットワーク」にて、「アドバンストパートナー」認定もされています。

アグザルファ株式会社【代行のパイオニア・アワード受賞】

アグザルファは2011年に開始したAmazonコンサルティング・運用代行のパイオニア企業です。元Amazonの社員が立ち上げた会社ですので、Amazonを専門で事業をおこなっていることが特徴です。

データ解析や競合調査を得意としている会社で競合との差別化につながる施策を提案してくれます。またAmazon出品者アワードやAmazonランキング大賞で1位を獲得した実績もあり、信頼がおける運用代行会社です。

株式会社そばに【Amazon専門・月額広告費課金】

そばにはECの総合コンサルではなく、Amazon専門の運営代行・コンサルティング会社という特徴があります。

Amazon販売に精通したコンサルタントが、販売戦略を提案し、ストアの売上アップのサポートしています。

また、定期的なオンラインでの打ち合わせを行い、Amazon販売における戦略決定、商品ページの改善提案、競合調査や市場調査、商品キーワードの提案、各種プロモーションを実施するなど、信頼のおける運営代行会社です。

株式会社グラッドキューブ【Amazon専門チーム有・広告費用契約可】

株式会社グラッドキューブはインターネット広告を幅広く対応している広告代理店です。

Amazon広告については広告運用代行の担当者が専門チームを組んで、専任でサポートをしてくれることが特徴です。Amazonとも直接連携ができているため、堅実に広告の運用代行を行ってくれることが特徴です。

また、B2B商材・B2C商材を問わず幅広く対応してくれることも強みの1つで、どの様な業界でもAmazonの広告運用を行うことが可能なようです。

ジャグー株式会社【成果報酬可・ランキング受賞有】

ジャグー株式会社はAmazon、楽天、yahoo!ショッピングなどのECモールをサポートしている会社です。

ECコンサルタント1人当たりの担当店舗を絞り、各店舗に応じた実行支援を行っています。またAmazonではジャンル1位の商品を取り扱ってる企業をサポートしてるなど多数の実績がある広告運用代行・コンサル企業です。

まとめ

本記事では「Amazonの広告運用代行の概要とメリット・デメリット、費用相場やおすすめの代行会社14社」について解説しました。 

記事を最後まで見てくださり、誠にありがとうございました。この記事が皆様にとって役に立っていますと幸いです。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる