【比較表DL可】Amazon運営代行の21選!費用相場や選び方、おすすめ企業をご紹介

更新日:2024/04/26
【比較表DL可】Amazon運営代行の21選!費用相場や選び方、おすすめ企業をご紹介のアイキャッチ画像

Amazonを運営している、もしくは出店を検討されている事業者様の中には「売上が伸び悩んでいるが改善点がわからない」であったり「Amazonに力を入れたいが時間を割けない」などのお悩みを抱えていらっしゃる方も多いと思います。

たしかにAmazonは大手ECモールの中でも流通規模が大きく、出店すれば売れる可能性は高い反面、出店が比較的ECモールの中でも行いやすいため競合が多いほか、Amazon独自のノウハウや同一ジャンルの競合に勝つための施策が必要になってきます。

自社内で日々Amazonに関する学びを深めていくことで運営を行っていくこともできますが、スピード感を持ってAmazon内の売上を構築したい場合はAmazonの運営代行サービスの利用も検討に入ります。

とはいえAmazonの運営代行サービスを提供している会社は数多くあるため、それぞれの違いがよくわからない事業者様に向け、本記事ではAmazonの運営代行サービスの概要ならびに選定基準、おすすめのAmazon運営代行会社21選をご紹介していきます。

目次

Amazon運営代行とは?

Amazonの運営代行の概要

Amazonの運営代行とは、Amazon運営に関わる業務を代行できるサービスを指しています。

主にAmazonで売上アップを実現させたい店舗やリソースが足りない店舗向けに、店舗に代わってAmazonの運営代行や売上アップのノウハウを提供してくれるサービスです。

また、Amazonの運営代行は「コンサルティング型」「運用代行型」の2種類があります。コンサルティング型ではノウハウの提供を行い、その上でリソースが足りなかった時に運用代行型のサポートをしていることが多いです。

そしてAmazonは楽天やYahoo!ショッピングと異なりショップ単位でコンサルがつくことはありません。そして非常に出店ハードルが低いモールになっているため、出店数も多く、商品を出店した後に放置されるケースが非常に多いです。

そのような場合にAmazonの運営代行に任せることで、売上アップやリソースの補完として活用することが可能です。

ただし、すでにお伝えしている通りAmazonの運営代行を提供している会社は数多くあり、依頼する企業の選定を間違えてしまうと、運営代行の依頼費用がかさんでしまうばかりで利益のあるEC運営をおこなうことができませんので注意して選定してください

Amazon運営代行の業務内容

では具体的にAmazonの運営代行会社に依頼できることはどのようなことがあるのでしょうか。

Amazonアカウント開設

まずはAmazonアカウントの新規開設です。Amazonで新規店舗を開設するための作業や設定の代行依頼をおこなうことができます。自社で行うこととすれば必要な情報を提供することで、時間がかからずスムーズにAmazon出店を行うことが可能です。

Amazonの戦略策定・分析業務

続いてAmazonの戦略策定及び分析作業を任せることができます。

Amazonでは売り上げアップをさせるためにカートボックスの獲得やSEO対策、広告運用など様々な施策を行っていくことが必要です。ただし、全て同時にできるというわけではないため、各施策の優先順位決定やAmazon全体のEC戦略立案、その後の分析業務などを依頼することができます。

Amazon内の広告運用・最適化

そしてAmazon運営の中でも難易度の高いAmazon広告の運用を任せることもできます。

Amazonでは広告を掲載することが可能ですが、もちろん広告には費用が多くかかりますので、広告効果の最大化(ROASの最大化)をさせる必要があります。そのため自社商品に最適な広告を選定したり、そもそも広告を出稿すべきなのかという相談も含めて運営代行に任せることが可能です。

Amazon内部SEO対策

Amazonの運営代行にはAmazon内部のSEO対策も任せることができます。

Amazonでは自社商品を検索上位に表示させることが売り上げやアクセス数(セッション数)に直結してきます。ただしAmazonではSEOをあげるのにも様々なガイドラインが適用される可能性があり、Amazonのガイドラインに違反せず自社商品を検索上位に表示させるようなSEO対策が必須です。

Amazonの運営においてSEO対策は必須の施策になりますので、プロに任せてみてもいいでしょう。

Amazonへの商品登録作業

また担当者の負担が大きいAmazonへの商品登録作業も任せることができます。2〜3商品程度であれば自社で対応しても問題ないかと思いますが、商品数が増えるにつれ担当者の負担も大きくなります。

そのような場合にAmazonの商品登録から入れ替えや販売が終了した商品ページの削除などをAmazonの運営代行に任せるのも手になります。

Amazonの商品画像作成

そしてAmazonには商品登録作業の前に、そもそも商品画像の作成作業が発生します。

自社でデザイナーがいる場合でもAmazonの商品画像作成は運営代行会社にお任せすることをおすすめします。理由としてはAmazonの商品画像には他のモールなどにはない様々な厳しい規制があるからです。そのような規制を全てクリアして健全な店舗運営を行うためにAmazonの運営代行会社に依頼しても良いでしょう。

【比較表DL】Amazon運営代行の21社比較をダウンロードする

本記事で紹介している21社の違いがひと目でわかる一覧表をご用意しています。

短時間で各Amazonの運用代行会社の比較をしていただけます。

Amazon運営代行の活用メリット

Amazon店舗の売上アップが期待できる

まずAmazonの運営代行会社を利用する最大のメリットは、自社のAmazon店舗の売上アップが期待できることでしょう。

すでにお伝えしている通りAmazonは比較的ECモールの中でも出店がしやすいモールですので、おのずと競合が多いという状況になります。

またカートボックス獲得などについては、一部の場合を除いて正しいノウハウと経験がなければすぐに獲得することは困難です。

そこでAmazon運営に深い知識を持っている運営代行のプロに依頼することで、自社にノウハウがない状態でも運営代行会社では優先順位の高い施策から、的確かつ着実に施策の実行をしていくので、スピード感を持った売上の向上が期待できるでしょう。

足りないリソース面をカバーできる

そして次の運営代行会社のメリットはリソース名のカバーです。自社にリソースがない場合、行いたい施策があったとしても実行することはできません。

そのような場合にAmazonの運営代行会社に依頼することで、自社で足りないリソースの補完を行ってくれます。

またAmazonの店舗運営には様々な業務が発生しますが、数多くのAmazon規約の把握を前提にセラーセントラル(Amazonの店舗運営システム)の使い方を学習しなければなりません。

もちろんAmazon運営に慣れている社員が複数にいる場合は問題ないですが、もしAmazonのセラーセントラルなどに慣れていない社員がいた場合は社員育成やマニュアル作りにも多くの時間を要するため、運営代行会社に業務を依頼することで総合的なコストも大幅にカットすることができます。

Amazon運営代行の活用デメリット

ではAmazonの運営代行会社に依頼するデメリットはあるのでしょうか。

Amazon店舗の売上アップ保証がない

まず1つ目のデメリットは売上アップの保証がないことです。

Amazon運営のプロであるAmazon運営代行会社だとしても、商材によって検討できる実行施策が異なるほか、競合の状況や広告投資の金額なども異なるため、一概に「この施策を行えば確実に売り上げがアップします」ということを言ってくれるわけではありません。

ただしもちろんですが、経験から自社のAmazon店舗の売上アップに向けた最短ルートは提示してくれます。

また成果報酬型の運用代行会社と契約を行えばこのデメリットを除くことができる可能性もありますが、成果報酬型の運用代行会社の場合でも初期費用や売上が一定金額を超えていない場合は固定費がかかるというケースも多く、完全にリスクなしで運用代行会社に依頼することは難しいでしょう。

自社内にAmazon運営のノウハウが蓄積されない

そして2つ目のデメリットは自社内にAmazon運営のノウハウが蓄積されないことでしょう。

つまり代行会社の相性が悪かった際にはまた別のAmazon運営代行会社を検討する必要があるほか、いざ自社でAmazon運営を行っていこうと考えた際にも自社内にノウハウが蓄積されていないため、Amazonに詳しい人を新規で採用するか、1からAmazon運営について学習し直すしかありません。

Amazon運営代行の費用相場

ではそのAmazon運営代行ですがおおよその費用相場はどれくらいなのでしょうか。

Amazon運営代行:固定費型

主にパッケージで対応をしている運営代行会社が多く、費用感の相場としては下記になります。

  • 20~50万円/月
  • 20~50万円/月+成果報酬で1~10%
  • 20~50万円/月+広告費用の5~20%

一部5万円などで広告運用のみを行っている運営代行業者もいます。

上記は基本的にパッケージの価格での費用感ですので、契約時のポイントとしては自社に必要な業務が何なのかということや、自社で対応できる業務はないのかというところを考えつつ、柔軟に契約を求めていくことが必要です。

Amazon運営代行:成果報酬型

また成果報酬型でAmazonの運営代行を行ってる会社にはかなりのばらつきがありますが、主には下記の金額で利用いただいていることが多いです。

  • 売上の8~20%程度

Amazon運営代行の選ぶポイント

Amazonのコンサル会社選定の4つのポイント

数多くある運営代行会社の中で、どういった基準で選定するべきか3点の重要なポイントに分けてお伝えします。

  1. 担当者を選べるか
  2. 料金形態や契約期間が柔軟であるか
  3. 会社としてAmazonに強みを持っているか
  4. 継続的な提案を「能動的」に実施してくれるか

1.担当者を選べるか

Amazonに限らずECの運営代行はどうしても「属人的な業務」になってしまうことに加えて、運用に慣れている人が行ったとしても「運用工数」がかなりかかってしまいます。

そのため、ECコンサル会社に所属している担当コンサルタントだとしても、その担当者の力量次第でご支援先の売上に貢献できるかどうかということが決まってしまうという側面があります。

よくあるケースでは営業段階では役員陣が対応し、説得力のある提案をしてくれるものの、いざ契約となると経験の浅いコンサルタント・作業者が担当し、提案の質がガクッと下がってしまうこともあります。

なので契約時には担当が誰になるか、営業時と担当が変わるとしても顔合わせなどを通じ自社にとって納得感のあるサポートを受けられるかどうかを事前に見定めましょう。

2.料金形態や契約期間が柔軟であるか

Amazonの運営代行会社の契約検討にあたり費用感は最重視するポイントとなるかと思いますが、安易に安価な会社に発注してしまうとサービスの充実度が低く、本来の目的である「売上向上に繋がらない」という自体に陥りかねません。

そのため絶対的な金額で判断するのではなく、サービスに見合った費用対効果が出るかで検討することをおすすめします。

運営代行会社によっては提案段階でシミュレーションを出してくれるところもあるので、今後の見通しを元に判断しましょう。

また「契約期間」も重要な選定ポイントにすることをおすすめします。Amazonの運用代行で短期間(1ヶ月〜3ヶ月)で目覚ましい成果が出ることはまずないというのが正直なところですが、運営代行サービスにおいては「担当者との相性」や「レスポンスの早さ」も当然ながら重要になってきます。

代行会社との相性を図るためにも契約期間は短めに設定することをおすすめします。

3.会社としてAmazon運営に強みを持っているか

EC運用代行会社は数多くありますが、特定のECモールで売上を伸ばすにはそのモールへの精通度が鍵になります。

もちろん商品力や広告予算なども大切ですが、モール特有の施策にどれだけうまく乗れるか次第でAmazonで売上を伸ばせるかは変わってきます。なので例えばAmazon出身の担当がいるかどうかや、Amazon店舗で店長業務をやっていた方がいるかどうかを選定基準の一つに置きましょう。

4.継続的な提案を「能動的」に実施してくれるか

まだAmazonの運営代行会社と契約をしたことがない際は「当たり前」の様に感じられるかと思いますが、能動的かつ継続的にコンサル会社から提案を受けられるかどうか確認しておくことをおすすめします。

どうしても契約期間が長くなってくると能動的な提案が減ってきてしまいますが、すでにお伝えしているようにAmazonは流動性の高いモールですので日々新たな競合の介入など、様々な問題が起こってきます。

Amazon運営代行会社おすすめ&比較21社

Finner(フィナー) | Finner株式会社

Finner(フィナー)はAmazonや楽天のコンサルティング、運営代行、出店サポートに対応している会社です。

最短1ヶ月から契約可能な点や、パッケージではなく業務範囲をピックアップして柔軟に費用感を調整できることがポイントです。

また、少数精鋭を謳っており取締役以上が担当コンサルタントになることから、サービスの質も保証されています。さらに経営陣がBtoCマーケティングに精通しているため、単なるAmazonの運営代行に留まらず、常に売上向上に向けた新たな施策提案があり、サポートが定型化・マンネリ化しないことも強みです

トゥルーコンサルティング | トゥルーコンサルティング株式会社

トゥルーコンサルティングはAmazonのコンサルティング・運用代行やWebマーケティングを提供している企業です。

特に日本初で中小企業メーカーに特化してAmazon運営をサポートしていることが特徴で、Amazonが実施しているリスティングやSEO最適化など戦略性の高い提案を得意とする運用代行会社です。

また、自社でショップオープンさせている実験店舗での経験から、Amazon内ランキングで1位を多数取得していたり、越境ECとしてAmazonの活用支援をおこなっていたりと幅広いサポートをおこなっています。

ワンプルーフ | 株式会社ワンプルーフ

株式会社ワンプルーフは、ECサイトの構築から運営代行、受注処理、カスタマーサポートといったAmazon運営に必要な業務をトータルサポートしてくれる運営代行会社です。

運営代行は分業体制となっており、属人的になりがちなECコンサルティング業務はデイリーで数十個アップデートする社内ナレッジ共有を行い、組織化することにより専門性を担保するという強みを持っています。

サイバーレコード | 株式会社サイバーレコード

サイバーレコードはAmazonや楽天市場、yahoo!ショッピングなどの運営代行・コンサルティングを行っている会社です。

クライアント数は300社を超えており、Amazon日本支社と連携を取りながら新規オープンのサポートをすることができることが特徴です。

ブランドイメージの訴求とページのカート獲得率の向上により、ブランド保護や相乗りされづらい店舗運営を任せることができる運営代行会社です。

idiom | 株式会社idiom

idiomは、EC運営代行やコンサルティング等を行う会社です。

ネットショップ運営代行は、10年以上の実績、100社以上の取引社数、運営継続率95%という高い実績を持っています。

強みの一つとして、海外進出の充実したサポートが挙げられます。ネイティブ英語が堪能なスタッフが常駐しているので、海外のお客様からのお問い合わせ対応も可能です。

また費用については固定費もしくは成果報酬型から選択することができます。

いつも | 株式会社いつも

いつもはAmazonや楽天を中心としてEC運用やコンサルティングを行っている会社で、東証グロース上場企業です。

AmazonAdsのアドバンスドパートナーとして豊富な実績をベースにAmazon店舗の支援をしてくれます。また導入社数は1万を超えており、大手の運営代行会社と契約したい場合には「いつも」が選ばれることが多いです。

魅力的な特徴として幅広い業務範囲や豊富な支援実績、経験豊富なスタッフが多数在籍していることが挙げられます。また、Amazonに関しては売上フェーズごとの専用コンサルティングや独自のAmazon特化型レポートなどのサポートを受けることができる会社です。

セールスドクター | 株式会社ウェルボン

ウェルボンはAmazonサービスのパートナーにも登録しているコンサル・運用代行会社です。担当者がAmazonAdsの認定を受けたプロフェッショナルを受けていることが特徴です。

またAmazonの運営代行会社の中でも比較的知名度が高く、Amazonと共済のセミナーを開催するなど行っています。

相談が非常にしやすく、チームとして伴走をしてくるため、ご支援先の担当者の成長にもつながるようなコンサルティングを提供しています。

Hameeコンサルティング | NE株式会社

NE株式会社はECコンサルや運営代行、制作業務といったECに関する全般的な業務を行っている運用代行会社です。

Amazonを含む様々なECモールに対応しており、元ネットショップ店長をはじめとした各分野のスペシャリストからサポートを受けることができます。Finner(フィナー)と同様で契約前に施策提案や解析レポートの提出もおこなってくれます。

アイズプランニング | 株式会社アイズプランニング

アイズプランニングは比較的安価にAmazonの運用を任せられる、あまり予算をかけずにAmazon出店を検討している方におすすめの企業です。

食品業界の支援に特化していることが特徴で、Amazon内の運用代行業務だけではなく配送業務や受注業務などもお願いすることができます。

JTR | JTR合同会社

JTR合同会社は、Amazonや楽天、などの出身者で構成される、Amazonでの売上アップに特化した会社です。

「EC領域の専門性を磨き続け最新・最高に保つこと」でAmazonでの販売においてプロフェッショナルと定義しており、Amazonの運営代行だけではなく、商品開発や内製化の支援も行っている会社です。

また完全成功報酬型でAmazonの運用代行・コンサルティングを依頼することが可能です。

ヒゴワン | 株式会社ヒゴワン

株式会社ヒゴワンは、ECサイトやAmazonの運営代行に加え、Googleリスティング広告の代理店業務やホームページ制作など、幅広い支援が可能な運用代行会社です。

また、治療院に特化したサポートも行っており1,000社以上の実績もあるそうです。

アグザルファ | アグザルファ株式会社

アグザルファは2011年に開始したAmazonコンサルティング・運用代行のパイオニア企業です。元Amazonの社員が立ち上げた会社ですので、Amazonを専門で事業をおこなっていることが特徴です。

データ解析や競合調査を得意としている会社で競合との差別化につながる施策を提案してくれます。またAmazon出品者アワードやAmazonランキング大賞で1位を獲得した実績もあり、信頼がおける運用代行会社です。

そばに | 株式会社そばに

そばにはECの総合コンサルではなく、Amazon専門の運営代行・コンサルティング会社という特徴があります。

Amazon販売に精通したコンサルタントが、販売戦略を提案し、ストアの売上アップのサポートしています。

また、定期的なオンラインでの打ち合わせを行い、Amazon販売における戦略決定、商品ページの改善提案、競合調査や市場調査、商品キーワードの提案、各種プロモーションを実施するなど、信頼のおける運営代行会社です。

Realms | 株式会社Realms

株式会社Realmsは、Amazonの販売支援や商品ページ制作、eBay(qoo10)の輸出コンサルティングなどサービスを展開を展開している運用代行・コンサルティング会社です。

海外での販売や商品を意識した運用が可能ですので、Amazonとも非常に相性が良いです。

ジャグー | ジャグー株式会社

ジャグー株式会社はAmazon、楽天、yahoo!ショッピングなどのECモールをサポートしている会社です。

ECコンサルタント1人当たりの担当店舗を絞り、各店舗に応じた実行支援を行っています。またAmazonではジャンル1位の商品を取り扱ってる企業をサポートしてるなど多数の実績がある企業です。

スタイリスト | 株式会社スタイリスト

株式会社スタイリストは、Amazonや楽天をはじめとしたACモールのコンサルティング運営代行を展開する会社です。

特に美容系商材と食品系商材の実績が豊富となっているほか、取引先の最高月収は3億円/月という実績もありますので、安心して依頼のできる運営代行会社です。

サヴァリ | サヴァリ株式会社

サヴァリはEC運用やコンサルティング、サイト制作やSNS運用といった幅広い業務をサポートしている会社です。

特に楽天、Amazon、ヤフーショッピングの3大モールの運用に強味を持っており、平均売上238%アップ、継続率92.2%と数多くの成功実績を築いています。

魅力的な特徴として、在籍スタッフの質の高さが挙げられ、元大手ECモール、ネットショップ店長経験者の在籍数が非常に多いとされています。

ココラブル | 株式会社ココラブル

ココラブルはAmazonの運営代行、コンサルティングだけではなく、越境コマースにも対応することができる企業です。

本場アメリカのAmazonで年商4億円を達成したこともあるチームがバックアップをしており、プロモーション戦略立案や、ウェブサイト制作などECマーケティングの幅広い課題に対応することができます。

Imagine | 株式会社クロスエッジ

株式会社クロスエッジは、ImagineというAmazonの運営代行サービスを提供している会社です。

商品ページの制作からSEO施策、広告出稿、レビュー、クレーム対応まで全て代行することが可能です。

SEO対策では、販売価格が高い商品でもターゲットとなるキーワードで検索1を獲得することができるなど、幅広い実績を持っています。また成果報酬型のリスクを最大限抑えた形での運営代行サポートも提供しています。

ピュアフラット | 株式会社ピュアフラット

ピュアフラットは、Amazonと楽天に特化したコンサルティングや運営代行等を行う会社です。

EC事業に特化したマーケティング会社で、売上拡大に向けて集客からサイト構築まで一気通貫でサポートしています。また、元Amazonのメンバーを中心にECコンサルティングのサポートでは、売上アップ率平均372%という実績があります。

ネットショップ総研 | ネットショップ総研

ネットショップ総研は、ECサイトの運営、コンサルティング、人材研修等を行っている会社です。

総研という名の通り、ECサイトについての研究を非常に重視されていて、累計1,000を超えるデータの蓄積と研究部隊を保有していることから、ECに対する圧倒的な研究力を強みとしています。

Amazon支援18ヶ月で「菓子ジャンルで1200%売上を伸ばした事例」や「健康食品で960%売上を伸ばした事例」などの実績も豊富で、信頼ができる運営代行会社です。

レギュラス・ソリューションズ | レギュラス・ソリューションズ株式会社

レギュラス・ソリューションズはAmazonや楽天、自社ECのコンサルティング及び運営代行を提供している企業です。

元Amazon社員をはじめとしてECのプロ集団が、ECモールや自社ECサイトの運営の無駄や運用の改善を行っています。

またAmazonの分析ツールも提供している会社ですので、幅広いサポートが期待できます。

withwork | 株式会社ウィズワーク

株式会社ウィズワークは、EC運営代行、SNS運用代行、マーケティングなど幅広いサポートに対応している企業です。

プライム上場企業であるクロスマーケティングのグループ会社で、市場調査のプロがマーケティング視点で、EC運営をサポートしてくれます。

モールへ出店後競合との差別化にお困りの店舗様についてはおすすめの運営代行会社です。

YUGETAECコンサルティング | 株式会社YUGETAECコンサルティング

YUGETAECコンサルティングは2016年に設立され、主にECの運営代行、広告の運営代行、ホームページの制作や構築を行っている企業になります。主に楽天などの大手モール出身者が在籍しています。

またYUGETAECコンサルティングでは契約企業の継続率が98%以上と非常に高い数値を誇っており、実績としても豊富な会社です。

まとめ

本記事ではAmazonに運用代行会社におけるの概要や選定基準、おすすめの企業リストをご紹介して参りました。

本記事を閲覧いただきありがとうございました。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる