Amazon セラー検索で競合分析!競合出品者の調べ方について徹底解説!

更新日:2024/06/10
Amazon セラー検索で競合分析!競合出品者の調べ方について徹底解説!のアイキャッチ画像

本記事ではAmazonにおける競合分析の手段の一つである、セラー検索について解説します。

Amazonで売上を伸ばすためにはSEOの最適化や商品ページの充実化、広告運用などの複数の取り組みが必要ですが、これらのすべては「需要のある商品を提供する」という前提条件があります。

そして、「需要のある商品」を見つけるために不可欠なのが、「セラー検索」というツールです。
概要や使い方について解説していくので、ぜひ最後までご確認ください。

また、弊社ではAmazonにおける売上アップにつきまして店舗様の現状を分析した上での無料でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡頂ければと存じます。

Amazon セラー検索とは

通常のAmazonの買い物では、商品を探す際には主に商品名を入力してAmazonの検索窓から検索します。

しかし、Amazonには「セラー検索」という機能も存在します。
Amazon セラー検索とは、Amazonに出品しているセラーを見つけるための検索機能です。

Amazonに出品しているセラーはそれぞれ固有の「セラーID」が与えられており、これを使ってセラーを検索します。
このセラー検索の主な目的は「競合分析」です。

自社で販売しようとしている、もしくは販売している商品と同様の商品を扱っている他のセラーを検索し、売れ筋商品を発見して、それを参考にして販売戦略を立てることが目的です。

その他のAmazonでの競合調査については以下記事もご参照ください。

Amazon セラー検索のメリット

ここではAmazon セラー検索のメリットや目的についてお伝えします。

競合商品を選定できる

セラー検索を行うと、売れているセラーが販売している商品の種類が一目で把握できます
特に売れ筋の商品については「新規を取りやすい商品」「利益を得やすい商品」として参考にすることができます。

また、ページ構成なども参考になります。

調査が簡単にできる

Amazonの競合分析の中でも、工数をかけずにできるのがセラー検索です。

リピート商品のリスト化ができる

検索したセラーのなかには、リピート商品を扱うことで売上を伸ばしているセラーもいるので、自社が販売している、もしくは販売予定のリピート商材の参考になります

Amazon セラー検索の方法

AmazonのセラーIDの検索方法について解説します。

該当商品のAmazon商品ページにアクセス

まずAmazon上で商品を検索し、商品ページに移動します。
この際、ベンチマーク先や売れ筋の商品を検索すると、Amazonで実績のあるセラーにたどり着きやすくなるのでおすすめです。

「出品者一覧」ページをクリック

商品ページに移動し、「出品者一覧」に進みます。
出品者一覧は商品の購入ボタンの下に位置しています。

引用:Amazon

特に人気やトレンドの商品を閲覧する際には、多くのセラーが表示されるため、有益な参考情報を収集することができます。

「セラー名」をクリック

出品者一覧を開くと複数のセラーが表示されるので、任意のセラー名をクリックします。
その際はレビューを参考にして、評価が高いセラーを選ぶことをお勧めします。

ページのURLからセラーIDを確認

セラー名をクリックし出品者の詳細ページに移動した際に、ブラウザのアドレスバーに表示されるURLを確認しましょう。
URL内の「seller=●●」の後に続く英数字の羅列が「セラーID」です。
セラーIDはURLの末尾に位置しており、このIDを控えておくことで、そのセラーの出品リストを確認することが可能になります。

セラー検索も含め、Amazonの競合分析の方法がわからない店舗様やリソースが割けない店舗様はぜひお気軽にお問い合わせください。無料で分析方法についてお伝えさせていただきます。

Finnerへの【無料ご相談はこちらから】

Amazonセラー検索の活用2種

ここからはセラー検索の活用方法についてお伝えします。

1.売れ筋商品の調査

何度か触れてきましたが、セラー検索の最も大きい有効活用方法は、売れ筋商品の調査です。

商品検索で同じことをしようとすると、何度もキーワードを変えて商品を1つずつ調べる必要があり、膨大な時間がかかります。
しかしセラー検索を利用することで、売れ筋のセラーが販売しているベストセラー商品を一括して把握できるので、非常に便利です。

2.無在庫輸出・無在庫輸入での活用

無在庫輸出とは、自社で在庫を保持することなく、海外で商品を販売する手法です。

この方法においてもセラー検索を利用することで、アメリカ法人のAmazonで無在庫販売を行っている日本人セラーを見つけることができれば、同一商品や類似品を輸出することで、大きな売り上げを生み出す可能性があります。

また、輸出の場合と同様に、無在庫輸入を検討する際にもセラー検索が活用できます。
日本法人のAmazonで無在庫販売をしている出品者を見つけて情報を集めることで、どのような商品を扱えばよいのかが見えてきます。

まとめ

本記事ではAmazonのセラー検索の概要や、競合分析への活かし方についてご紹介してきました。

競合分析手法の中でもお手軽、かつ商品ベースで検索するよりも遥かに工数を削減できるため、是非試していただけますと幸いです。

また、弊社ではAmazonはもちろん他ECモールに関しましても無料相談を承っています。ぜひお気軽にご連絡ください。

本記事を閲覧いただきありがとうございました。

Amazon運営代行の21社の比較資料

Amazonの運営代行会社ご検討の皆様に向けて短時間で各Amazonの運用代行会社の比較をしていただける資料を作成しました。

もしご興味があればダウンロードくださいませ!


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる