Amazonの競合調査でみるべき10個のポイントとは?売上アップに効果的!

更新日:2024/05/27
Amazonの競合調査でみるべき10個のポイントとは?売上アップに効果的!のアイキャッチ画像

弊社はECを中心として、売上向上に向けたサービスを展開しています。

今回は日々の業務で培ったノウハウから、Amazonの競合調査方法について徹底的に解説をしていきます。

Amazonへの出店の前や、Amazonに出品してもなかなか売り上げが伸びない時には競合調査を行って見ることが重要です。

しかし競合の調査を行うと言っても、どのように競合の調査や分析をすればいいのか迷われる方も少なくないかと思います。

そこで今回はAmazonにおける競合調査および競合店舗について確認しておくべきポイントを解説していきます。

本記事では以下のような方を対象にご紹介していきます。

これからAmazonへの出店を検討していらっしゃる皆様

Amazonにすでに出品されていて次の施策を検討中の店舗様

Amazonの売り上げに伸び悩んでいらっしゃる店舗様

基本からAmazonにおける競合調査を理解していきましょう!

弊社ではAmazonの新規出店や売上アップに悩まれている方を対象に無料で相談会を行っています。ぜひご興味があればお申し込みくださいませ!

Amazonに出店前に競合調査は必ず行いましょう

Amazonでの競合調査の重要性について

釈迦に説法の部分はあるかと思いますがAmazonに出店する前に競合調査は必ず行うことが重要です。

自社商品と類似している競合商品が既にレビューが1,000件以上たまっている場合やSEOの検索順位でトップを取っている場合などについては、競合と同じような施策を打っていくだけでは早期に売り上げを伸ばしていくことは困難だと考えています。

実際に弊社でもAmazon出店前にご相談をいただくことはよくありますが、お客様が取り扱っていらっしゃる商材によってはAmazonとの相性が非常に悪いこともあり、出店についてもう一度お客様の社内で検討いただくように進めるケースもあります。

もし出店に際してAmazonとの相性やAmazon内で売上を上げていくためにどのようなことを行っていけば良いか迷われている際は、無料の範囲内でお話を伺いますので「こちら」からご連絡ください。

Amazonで競合調査を行う2つの目的

Amazonで競合調査を行う2つの目的は以下です。

・自社商品(自社サイト)の強みと弱みを明らかにする

・他社の施策をパクるため

自社商品(自社サイト)の強みと弱みを明らかにする

まず競合調査を行う目的の1つ目は、何と言っても「自社商品および自社Amazonサイトの強みと弱みを明らかにすること」でしょう。

例えば競合商品に比べて価格が高いのか安いのかということや、自社で作った商品サムネイルは他社と比べて鮮明に取れているかということ、Amazon商品ページは他社に比べてリッチさで劣っていないかというこということなど様々な観点があります。

具体的に見ていくべきポイントは後ほどご紹介いたします!

他社の施策をパクるため

そして競合調査を行う2つ目の目的は「他社の施策をパクること」です。

もちろん、まるまるパクればいいというわけではありませんし、同じような施策をすれば、同じように売り上げが上がるというわけでもありません

ただし最低限行っておくべき施策は変わりませんので、必ず競合がどのような施策を行っているかということは押さえておく必要があります。

Amazonで競合調査を行う際にみていくべきポイント10選!

ではここから具体的にAmazon内で競合調査を行う際に見ていくべきポイントについてご紹介していきます。

具体的には以下がAmazonの競合調査で見ていくべきポイントになります。

  1. 競合商品の平均金額はいくらか?
  2. Amazon売れ筋ランキングは何位か?
  3. Amazon内の推定流入キーワードは?
  4. 商品タイトル(商品名)と商品説明文の内容
  5. 商品画像の構成
  6. 商品紹介コンテンツはリッチか?
  7. Amazon内の平均レビューとレビュー数
  8. Prime(FBA)対応しているかどうか
  9. タイムセールなどに出品しているかどうか
  10. 広告を活用しているかどうか【重要】

競合商品の平均金額はいくらか?

もし、出店前であればまずは必ず競合商品の金額について確認しておくようにしましょう。

Amazonを含めて様々なECモールでは「商品金額」は非常に重要な要素になります。あまりに競合商品と金額が離れている際には、正直機能に大きな差がない限り、Amazonユーザーから購入される確率はかなり低くなります。

自社の商品が競合商品と比べて高い金額設定を行っている際は、後述する商品紹介コンテンツなどでしっかりと商品のポイントを訴求していく必要があります。

Amazon売れ筋ランキングは何位か?

そして続いて行うべき競合調査は「Amazonの売れ筋ランキング」のチェックです。

おそらく競合調査をされる際はPCで見られるかと思いますのでPC版でご紹介しますが、特定の商品の商品ページ下部右側の方に以下のような登録情報が載っています。

この登録情報から競合商品がAmazon内で何位なのか確認することが可能です。

可能であればその競合店舗が出している全ての商品について何位に位置づけているのか調べていきましょう。

また確実な数値ではないですが、ドラッグストアカテゴリーにおいては、参考までにランキングに応じて以下のような売上件数だと考えてください。

◯ドラッグストアカテゴリ(健康食品・サプリメント類)

・500位以内:月4000件〜

・501位〜1000位:月2000件〜4000件

・1001位〜3000位:月1200件〜2000件

Amazon内の推定流入キーワードは?

次に競合商品が「どのようなキーワードで流入を獲得できているか」調査していきましょう。

具体的にはAmazonの検索欄から競合の商品名を検索した際に、以下のピンク枠で囲まれているキーワードなどで流入が獲得できている可能性が高いです。

上記のキーワードで自社の商品ページが検索上位を取ることができれば、Amazonユーザーからの目にも留まりやすくなるため必ず確認をしておきましょう。

また、外部ツールであるラッコキーワードなどを活用することもおすすめです。トップから「サジェスト(Amazon)」を選択しましょう。

Amazonではキーワード選定が非常に重要ですので、ツールなどを活用して調査と分析を行っていくことが必要になります。

商品タイトル(商品名)と商品説明文の内容

競合の流入キーワードがわかったところで次は競合商品の「商品名」と「商品説明文」を確認・調査していきます。

AmazonではSEOに商品名と商品説明文が強く影響しています。

例えばプロテインであれば「商品タイトル(商品名)に商品名のみを入力している商品ページ」と「商品名以外のプロテインであれば『ミルクティー』や『筋トレ』などの単語を追加で入力している商品ページ」では検索ボリュームの関係性などから後者の方が検索にヒットしやすくなります。

Amazonの商品タイトル(商品名)は50文字の制限がありますので、なるべく検索ボリュームの多い単語や、検索上位にヒットしそうな単語を選定して入力をしていきましょう。

商品画像の構成

続いて、商品画像も競合調査していくことが必要です。

商品画像にはメイン画像サブ画像の2つがありますが、両方しっかりと確認することが重要です。

「競合がどのようなサムネイルをとっているのか」

「サブ画像でどのような観点を訴求しているのか」

「具体的に何枚画像を掲載しているのかということ」

などを確認することが必要です。

商品画像についての詳細は以下の記事でまとめていますので気になる際はご確認ください。

商品紹介コンテンツはリッチか?

そして商品ページに入り「商品紹介コンテンツ」についても競合調査を行っておくことが重要です。

商品紹介コンテンツとは『Amazon商品ページ下部にある商品詳細ページの商品説明セクションで、大画像や比較画像などを使いながら独自性をアピールできる機能』を指しています。

商品紹介コンテンツ(Aプラス)の特徴としては縦型でLPのように構成要素が並んでおり、商品紹介コンテンツが登場したことによって楽天市場のように商品の魅力などをアピールしやすくなりました。

商品紹介コンテンツは特に「競合との差が出やすいポイント」で転換率にも影響がありますので、必ず一度は確認して、競合調査を行っておくようにしましょう。

商品紹介コンテンツの作り方などは以下の記事でまとめていますので、ご確認ください!

Amazon内の平均レビューとレビュー数

次に行っていく競合調査は競合商品のAmazon内の平均レビューとレビュー数です。

競合商品の平均レビューがいくつなのか、そしてレビュー数がいくつなのかということで、Amazon出品後に行うべき施策の優先順位が決定します。

具体的に競合調査を行って競合製品のレビューが、1,000件を超えている時などについては早期にレビュー蓄積を行っていく必要があります。

またすでにAmazonに出品している際には、自社の商品が競合の商品と比べて、★0.5〜1以上を下回っていないかということは必ず確認しておくべきです。

★0.5〜1を下回ってる場合には早期に平均レビュー向上に向けて取り組みを行っていく必要があります。多くのAmazonユーザーはレビューを非常に気にしているとされていますので、優先順位を上げて対応をしていきましょう。

レビュー蓄積のメリットや増やす方法については以下の記事で別途ご紹介しておりますのでご確認ください。

Prime(FBA)対応しているかどうか

続いての競合調査は、競合商品に「Primeマーク」がついているかどうか確認していきましょう。

AmazonにおいてPrimeマークはアクセス数・転換数において、非常に重要な要素になります。もし競合がFBAに登録している際には、FBAへの登録をおすすめします。

タイムセールなどに出品しているかどうか

また競合商品がタイムセールなどに出品しているかどうかということが確認してみましょう。

もちろんタイミングによっては分からないことがあるかもしれませんが、何回かに分けて見てみることをおすすめします。

特に多いタイムセールのタイミングとしては給料日前や月初、土曜日・日曜日などに出している可能性が高いので一度見てみましょう。

広告を活用しているかどうか【重要】

最後の競合調査は「広告を活用しているかどうか」になります。

まずは検索連動型の広告について調べていきましょう。というのもスポンサーディスプレイ広告などのディスプレイ型広告については競合が出稿しているタイミングではないと基本的には確認することができません。

ただし検索連動型であれば基本的には常に広告出稿しているケースも多く、「競合が広告を活用しているかどうか」ということを調査することが比較的容易に可能です。

具体的には競合商品などをAmazonの検索前から検索してみて最初に出てくるスポンサーとついている商品や、上部に表示される広告枠になります。

上記のように表示されている場合には、競合が広告を活用していると思ってください。

Amazonの出店検討や競合調査を一度コンサルに相談してみるのもおすすめ

ここまででご理解いただけた通り、競合調査は多くの時間やリソースがかかってしまいます

もしスピード感を持って効果的に出店前の競合調査を進めていきたい場合や、すでにAmazonに出品されている店舗様で売上向上に向けた競合調査にお困りの場合は、Amazonのコンサルティング会社に相談をしてみることもおすすめです。

「Finner(フィナー)株式会社」もAmazonのコンサルから広告運用代行まで幅広くサポートを行っており、戦略立案や分析から制作・施策実行まで一気通貫でご支援しています。

Amazon運用で心配な際は、様々なサポートを提供しておりますのでぜひ一度Finnerまでご相談ください。

まとめ

本記事では「Amazonの競合調査」について解説しました。

記事を最後まで見てくださり、誠にありがとうございました。この記事が皆様にとって役に立っていますと幸いです。

競合調査していくこと、自社が次に行うべき施策や、強み・弱みなども理解することができます。Amazonへ出品する前や、なかなかAmazonで売り上げが上がらない場合については、一度競合調査を行ってみることをお勧めします。

弊社では、Amazonの競合調査はもちろんのこと、Amazonに関するほとんどの業務を代行可能ですので一度ぜひご連絡ください。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる