【2024最新】楽天における食品(フード)商材の売り方や出店について徹底解説!

更新日:2024/06/10
【2024最新】楽天における食品(フード)商材の売り方や出店について徹底解説!のアイキャッチ画像

本記事では楽天市場における食品、フード商品の売り方や出店について解説してまいります。

ECでの食品(フード)商材については競合もかなり多く、楽天での売り方やそもそも出店すべきかについてお悩みの店舗様も多くいらっしゃると思います。

楽天特有の仕組みも捉えつつ売り方についてお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

また、弊社では楽天市場における売上アップにつきまして店舗様の現状を分析した上での無料でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡頂ければと存じます。

楽天での食品(フード)商品の傾向

楽天で食品(フード)商品を販売するにあたり、競合が数多くいるため戦略設計が重要になってきます。
まずは自家需要(自分もしくは自宅用)と、ギフト(他社向け)に分けて商品設計、販売設計をしましょう。

自家需要については楽天のスーパーSALEやお買い物マラソンでの販促、ギフトについては楽天のシーズナル(季節)イベントを活用することが重要です。

シーズナル(季節)イベントの一例として母の日特集があり、花と食品やスイーツをセットで販売する方法が主流になっています。楽天でギフトを購入するユーザーは多くおり、シーズナル(季節)イベントは市場規模もかなり大きいので積極的に施策を打ちましょう。

引用:楽天市場

楽天での食品(フード)商品の売り方3選

ここでは楽天で食品(フード)商材を売るための具体施策についてご紹介します。

楽天特有の施策に乗っかる

楽天市場ではお買い物マラソンやスーパーSALE等の多くのキャンペーンが定期的に開催されており、楽天自体にアクセスが多く集まるタイミングでもあります。

楽天で食品(フード)商材を販売する際の最大の強みは楽天市場が抱える会員数になり、ヘビーユーザーであればあるほどキャンペーン時に購入する傾向にあるので、基本的にはキャンペーンに乗っかるようにしましょう。

自家需要商材、ギフト商材いずれもキャンペーン時に売上が最大化する傾向にあります。
それぞれの詳しい施策内容や具体的な作業、売上の伸ばし方につきましてはお気軽にご相談ください。

また、楽天のキャンペーン一覧に関しては以下記事もご参照ください。

ギフト対策を徹底する

上述のように楽天ではギフト需要がかなり高く、かつ商品単価も上げられるので利益を上げるチャンスになります。

一方で参入障壁としてはかなり高く、理由は競合がかなり多いこととそもそも人に送るものなのでギフト商材自体の購入ハードルがかなり高いことがあります。

なのでレビューの拡充や、商品ページ上でユーザーを安心させるような工夫をしましょう。

楽天でのギフト商材の売り方の詳細に関しましては以下記事もご参照ください。

競合の施策含め詳細について気になる店舗様はぜひお気軽にご相談ください。
無料にて食品(フード)商材の売り方をお伝えします。

リピート施策を徹底する

食品(フード)商材の売上を伸ばすには、当然新規を獲得することも重要ですがリピート獲得を強化することで店舗のベース売上が安定します。

さらに、食品(フード)商材に関しては自家需要商品で新規を獲得し、満足してもらったユーザーがギフト商材を購入してくれるという流れも作れます。

ギフトは当然ながら受け取った側に満足してほしいという気持ちが働くので、自家需要商材と比較して購入ハードルが高い傾向にあります。
なので一度購入し顧客満足度が高ければギフト商品も同じ店舗で購入したくなるユーザー心理があります。

楽天ではリピート施策としてメルマガ(R-mail)やLINE(R-SNS)があり、貴社の商品ラインナップに併せて顧客ごとにセグメントを切り育成していく必要があります。

楽天でのリピート強化施策については以下記事で詳細を解説しているのでご参照ください。

食品(フード)商材の楽天出店について

上述の内容は既に楽天に出店し販売されている店舗様はもちろん、これから食品(フード)商材での楽天出店を検討されている店舗様にもお役に立つ内容になっているかと存じます。

楽天市場への出店については以下記事で詳細をご案内しておりますので、宜しければご確認ください。

なお、出店作業含めご不明点があればお気軽に弊社までご相談ください。

無料にて貴社商材がそもそも楽天出店に合っているのかや出店時の手順、出店作業の概要をお伝えさせていただきます。

まとめ

本記事では楽天市場における食品(フード)商材の売り方や、出店についてお伝えしてまいりました。
ステップとしてはECでの食品(フード)商材の売り方を抑えた上で、楽天特有の各種キャンペーン施策やギフト対策をする必要があります。

より詳細が気になる方に向け、本記事でご紹介差し上げた内容以外も含め無料にて相談会を実施させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

本記事を閲覧いただきありがとうございました。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる