【2024最新】楽天におけるオリジナル商品、PBの売り方について徹底解説!

更新日:2024/06/10
【2024最新】楽天におけるオリジナル商品、PBの売り方について徹底解説!のアイキャッチ画像

本記事では楽天市場におけるオリジナル(PB)商品の売り方について解説してまいります。


店舗様が楽天でオリジナル商品を販売するにあたり、型番(NB)商品と比較するとどうしても知名度が足りず、販促やブランディング手法にお悩みの店舗様も多いと思います。

そんな中での工夫の仕方をお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

また、弊社では楽天市場における売上アップにつきまして店舗様の現状を分析した上での無料でのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡頂ければと存じます。

オリジナル(PB)商品とは

オリジナル(PB)商材について改めて定義付けをしておきます。


「型番商品」との対比で考えるとわかりやすく、JANコードや商品番号・製品番号などの「一意」のコードが存在しない、自社オリジナル開発の商品です。


型番商品であれば商品知名度が高いため指名買い検索で売れやすい特徴がありますが、オリジナル(PB)商材についてはそもそもユーザーへの認知度がないため、価格よりもユーザーへの見せ方や販促手法の選定が重要になってきます。

型番(NB)商材の特徴や売り方については以下記事もご参照ください。

オリジナル(PB)商品の売り方3選

実際に楽天でオリジナル(PB)商品を売っていくにあたり、重要なポイントを3点紹介します。

順序としてはまずユーザーから見た時の信頼性の担保を徹底した上で、露出強化ならびに楽天で実施されるキャンペーンに乗っかっていきましょう。

商品ページ(LP)の信頼性向上

商品ページ(LP)の作り込み

上述したように型番(NB)商品と異なり、オリジナル(PB)商品についてはユーザーから見てもどういった商品なのかがわからないことに加え、販売元の会社自体の信頼性も訴求する必要がります。
一概にページを作り込むと言っても要素がかなり多くなるため、信頼性の担保の観点からは

・権威付け(ランキング受賞歴)
・レビュー掲載
・商品の特徴を詳細に記載

上記を意識しましょう。


レビューやランキングについては条件を抑えれば楽天以外での実績も使えるので、出品したてで楽天内での実績がない場合は有効活用しましょう。

商品ページの構成などに関しては以下記事もご参照ください。

レビュー施策

商品ページ内で自社商品の信頼性をわかりやすく訴求することも大切ですが、ユーザーが購入にあたりチェックする要素としてレビューは非常に大きいです。
販売実績が増えないとレビューも増えないので下記施策と同時並行になりますが、レビューをユーザーに記入してもらうための施策はぜひ早期に実施しましょう。

内容としては商品購入に対し、ユーザーにとってメリットのあるフック(クーポン配布やノベルティグッズのプレゼント)を用意し、レビューを記載してもらうよう促す必要があります。

また当然ですがユーザーにわかりやすく訴求する必要があるため、バナーを作成しユーザーから注目されやすい以下箇所に挿入しましょう。

・スマホ商品ページ上部共通バナー箇所
・商品ページ内

さらに、項目選択肢上でレビュー記載に関する注意事項を記載することも有効です。

露出の強化

ある一定の信用性を担保しつつ、同時並行で露出を強化しましょう。
型番商品であれば目的買いユーザーからの流入も見込めますが、オリジナル(PB)商品の場合、出品当初はアクセスが見込めません。

自社商品にすでに認知度がある場合は自社ECやSNSからの告知が有効ですし、店舗全体で売上が立っている場合は既存の売れ筋商品に回遊バナーを設置したり、スマホ商品ページ上部の共通バナーに新商品訴求バナーを設置するという手があります。

商品自体の認知度もなく楽天に出店したての場合は広告出稿が露出の近道です。

楽天における広告の種類に関しては以下記事もご参照ください。

キャンペーン対策

楽天市場ではお買い物マラソンやスーパーSALE等の多くのキャンペーンが定期的に開催されており、楽天自体にアクセスが多く集まるタイミングでもあります。
自社のオリジナル商品を訴求するにはピッタリの場なので、基本的にはキャンペーンに乗っかるようにしましょう。


詳しい施策内容や具体的な作業、売上の伸ばし方につきましてはお気軽にご相談ください。

また、楽天のキャンペーン一覧に関しては以下記事もご参照ください。

まとめ

本記事では楽天市場におけるオリジナル(PB)商品の特徴や、楽天特有の売り方について解説してきました。


型番商品と異なり商品の売り方が多岐にわたり、優先順位付けが難しいかと思いますので、詳細の販促方法につきましてはぜひお気軽にお問い合わせください。

また、本記事でご紹介差し上げた内容以外に関しましても無料にて相談会を実施させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

本記事を閲覧いただきありがとうございました。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる