【2024年最新版】Amazon SEOの仕組み -上位表示対策手法を解説

更新日:2024/06/10
【2024年最新版】Amazon SEOの仕組み -上位表示対策手法を解説のアイキャッチ画像

この記事ではAmazonのSEO対策について、最新情報を紹介しています。

Amazonは世界の主要国で市場シェアが非常に高く、アメリカではeコマース市場のシェアの40%を占めていると言われています。EC市場は今後も拡大が予想されているため、Amazonで商品を販売していくことは自社の拡大に直結する戦略です。

そもそも「Amazon SEO」とは

「AmazonSEO」とは、Amazonの検索エンジンの自然検索ランキングで、自社商品を上位にランクインさせる取り組み・手法を指します。

Amazon(アマゾン)のモール内で特定のキーワードを検索した際に、商品ページや販売戦略を最適化することを示しています。また自社の商品をできるだけ上部に表示させることで売上向上を目指すという目的があります。

もともとGoogle検索の検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)から用語としては派生しており、Amazon同様に、楽天市場でも楽天SEOという様に言葉で売上向上に活用されています。yahooショッピングについては、Yahooの検索エンジンは、Googleの検索アルゴリズムを採用してるため、GoogleのSEOを行えば、同じような検索結果(検索順位)となります。

ただ注意すべきポイントがあります。各ECモールの上位表示アルゴリズムはそれぞれの特性を持っています。一般向けに公開はされていませんが、「注文件数」や「販売実績」の他レビュー件数や点数も関連があると考えられています。そのため、しっかりと各モールで検索ランキング上位を狙っていくため(検索ランキングアルゴリズムへの関連度合い)を施策ごとに分析し、PDCAを回し続けることが重要です。

ではここからはAmazonの検索結果画面の構造と、AmazonSEOの必要性について記載していきます。

Amazonの検索結果画面

Amazonの検索結果画面の構造は、以下の構造になっています。

①Amazonスポンサーブランド広告

②Amazonスポンサープロダクト広告

③自然検索枠

楽天やその他のECモールと同様に基本的にはAmazonに広告出稿している起業が優位なポジションを獲得しています。

またファーストビューと呼ばれるウェブサイトに最初に表示される画面上には①Amazonスポンサーブランド広告と②Amazonスポンサープロダクト広告のみの表示となることが多い他、(Amazonアプリなど)モバイルでの検索でも、最上位に広告が表示される仕様となっています。ただPRを避けて、商品を選ぶユーザーも一定数存在するため、広告単体だけではなくSEO対策を実施していくことが重要です。

Amazonでは多くの顧客がGoogle検索と同じ様に、1ページ目の商品を検討して購入ページへと遷移していることもわかっています。まずは検索1ページ目に自社の商品を載せていくことを目標としていきましょう。ただポイントとして、Amazonの商品表示は「商品単位」でまとめられていることがあります。楽天市場などと異なり、店舗ごとではないので注意が必要です。

日用品などを取り扱っている場合は競合店舗も非常に多いため、競合店舗と「Amazonショッピングカートボックス」を取り合う可能性が高いです。

Amazonは顧客満足度を高めるために以下の条件で獲得資格を判断していると考えられています。

注文不良率

購入者からの評価

パフォーマンスの指標

配送スピード

販売価格

カスタマーサービス

出品期間と取引数

Amazon広告について

Amazonは膨大な購買データを持っているという強みがあります。そのデータを活用して顧客ターゲティングを可能としている点が大きな強みといえます。また他の広告と異なり、比較的容易に広告出稿の手続きができ、少額からでも始められることが特徴といえます。

Amazonには商品購入を検討しているユーザーが多く来訪するため、購入する意欲が高いユーザーに効果的にアプローチすることができる手法となっています。

また初心者向けのAmazon広告には大きく分けて3つあり、上記で紹介した、

①Amazonスポンサープロダクト広告

②Amazonスポンサーブランド広告 の他にも、

③Amazonスポンサーディスプレイ広告 があります。

①Amazonスポンサープロダクト広告とは?

スポンサープロダクト広告は検索結果画面のAmazonスポンサーブランド広告の次に表示される広告となっています。少しでも広告を運用した経験があれば、比較的容易に広告出稿が可能です。Amazonで売上を伸ばしていくためには必ず施策として行っていきましょう。

課金体系としてはクリック課金型であり、広告費を大幅に抑えて出稿できます。最低入札額も2円からですので、まず試しやすい広告と言えます。

ただし、上記の通り入札形式ですので最終的には競合との入札競争になります。入札価格の最低は2円ですが、最低価格だと広告枠に表示されなくなる可能性もありますので注意が必要です。

②Amazonスポンサーブランド広告とは?

Amazonスポンサーブランド広告は、検索結果画面の最上部に表示される広告で、モバイルでもPCでも視認性が最も高い広告です。目的としては認知拡大で活用されることが多いです。

課金体系としてはこちらもクリックごとに課金されるので、広告が表示されるだけであれば広告費はかかりません。

メリット

・ストアページへの誘導が可能なので、ブランド自体の認知向上に活用できる

・最上位表示となるため、視認性が高い

・画像・ロゴ・商品のほか、動画の掲載可能

デメリット

・競合も多く、コストがかさむ可能性が高い

・ブランド登録が必要

③Amazonスポンサーディスプレイ広告とは?

スポンサーディスプレイ広告とは、大きく2つの目的で活用されます。

まずは検討段階の最初にいるAmazonユーザーに対して、自社商品やブランドの認知度の向上を図ることに活用できる他、直近で自社製品の閲覧があったが購入に至らなかったユーザーに対してリマケーケティング(リマケとも呼びます)への購入促進にも活用することが可能です。

ただし出店には2つの条件があります。

1つ目は大口出品であることです。出品者はAmazonへ商品を出品・登録する際、「大口出品」と「小口出品」のどちらかの選択をします。

Amazonスポンサーディスプレイ広告は大口出品の出品者のみ使用できる広告です。

2つ目はブランド登録です。登録商標を持っている出品者はAmazonを通じてブランド登録を行うことでAmazonからブランドを守られます。

AmazonでSEO対策が必要な理由とは?

さて、ここからはAmazonのSEOがなぜ重要なのか解説していきます。

検索ランキングの上位表示は売上に直結するため

まず前提としてAmazon公式のマニュアルによると、Amazonの検索結果の2ページ目以降を閲覧する人は30%しかいないとのことです。ここからもSEO対策を行い、1ページ目に表示されるための施策をしっかりと行っていくことの重要性が伺えます。

自社の商品が2ページ目以降に表示されている場合は70%の顧客を逃している可能性があり、大きな機会損失に繋がっているという考えで、SEO対策を行っていきましょう。

「Mobile First(モバイル ファースト)」への対応が必要なため

モバイル対応の重要性はご認識のとおりかと思いますが、さまざまなビジネス本でも解説されている様に「Mobile First(モバイル ファースト)」への対策は必須です。

特にAmazonでは昨今モバイルユーザーやAmazonアプリをダウンロードも増え続けており、今後も重要性が増していきます。

基本的にはPCの画面上で構築・施策などの管理などを行っているかと思いますが、ユーザーがモバイル上で自社の商品をどの様に見えているかという視点にも注意していきましょう。

Amazon検索アルゴリズムの仕組みについて

ではAmazonでSEO対策を行うためには、どの様な対策を行っていけばよいのでしょうか?

まずはAmazonの検索アルゴリズムの仕組みを知ることが重要です。

Google同様に一般的に外部には公開されていませんが、弊社独自の情報とクライアントの計測データからAmazon検索アルゴリズム(SEOアルゴリズム)に影響を与えている項目がいくつか分かっています。

前提としてAmazon検索アルゴリズム「A10」について解説

実はAmazonの検索結果は「A10」という検索アルゴリズム(AI)によって全て決められています。この「A10」は、Amazon内で頻繁に検索されているキーワードに対してAIが自動で判別し、売れやすい商品を上位表示させる仕組みになっています。

「A10」のアルゴリズムについて公表していないため確実では有りませんが、販売実績や、ユニットセッション率、レビュー数や評価など、さまざまな指標が影響すると言われています。

 その中でも特にSEOに影響が出てくる3つの手法をご紹介します。

Amazon SEOで上位表示を狙う3つの方法

在庫切れを無くす

まず基本ですが、Amazonでは在庫切れ商品は検索結果に表示されません。後述していますが、直近の売上もAmazonのSEOには関連性があると言われています。

また在庫切れの製品は当然、検索結果に表示されなくなるため、自然検索ランキングで1ページ目に表示されていたとしても意味がなくなってしまいます。在庫切れを起こさない管理体制を構築していきましょう。

FBAを利用する

FBAとはフルフィルメント by Amazonの略称です。Amazonの倉庫となっており、Amazonが商品の梱包や配送、返品対応などを代行してくれるサービスです。

FBAを利用している出品者には「Primeマーク」の付与がされています。また同時にAmazonの検索結果画面上で上位に表示させる仕組みとなっています。

検索キーワードを最適化する

Amazonでの検索キーワードとは、Amazonサイト内の検索結果から商品ページへの流入を促す目的で設定するキーワードです。

このキーワードはAmazon内のSEOの内部対策として設置されているため商品ページに表示されることはありません。そしてAmazon(SEO)では「非常に多くの関連キーワードを入力すること」が求められているのではなく「ある程度絞り込まれた重要なキーワード」を適切に入れていくことが求められています。

Amazonの代行会社に依頼してみる

またそれぞれの対策を行ったとしても検索上位に上がらない際は、Amazonの運営代行会社への依頼を検討してみることも手です。

Amazonの代行会社はコンサルティングも行っている企業がほとんどですので、まずは無料相談などで疑問点を聞いてみましょう!

【比較表DL】Amazon運営代行の21社の比較資料

Amazonの運営代行会社ご検討の皆様に向けて短時間で各Amazonの運用代行会社の比較をしていただける資料を作成しました。

もしご興味があればダウンロードくださいませ!

キーワードの選定方法

主に下記の5つでキーワードを探していきましょう。

①Amazonサジェストツールで関連キーワードを調べる

②キーワードの検索ボリュームを調べる

③競合のAmazon’s Choiceをチェックする

④Googleサジェスト・Googleキーワードプランナーの活用

⑤Amazonのキーワードルールを確認しておく

Amazonサジェストの活用・キーワードの検索ボリュームを調べる

Amazonサジェストや検索ボリュームはラッコキーワードなどを用いていくことで検索が可能です。想像だけではなく実際の検索のエビデンスを持ってSEOに強いキーワードを選定することができます。

Amazonサジェストで表示されるキーワードは、ユーザーがよく検索するキーワードであり、需要の高いキーワードと言えます。Amazonサジェストで出てきたキーワードを組み合わせていくことで、AmazonSEOの対策を強化していきましょう。

競合のAmazon’s Choiceをチェックする

Amazon’s Choiceとは、Amazonがユーザーに人気商品をおすすめする仕組みを示しています。Amazon’s Choiceの黒いリボンをクリックすると、人気商品がどのようなキーワード経由でユーザーにリーチしているのか理解することが出来るでしょう。

ライバル商品のキーワードを確認して、自社にも効果的なキーワード選定に活かしていきましょう。

Googleサジェスト・Googleキーワードプランナーの活用

Googleサジェストもラッコキーワードを用いることで検索が可能です。GoogleサジェストとはAmazonのサジェストキーワードと同様で、Googleの検索窓にキーワードを打ち込んだ際に提案されるキーワードのことを示しています。

GoogleのキーワードトレンドはAmazonにも活用できることが非常に多いため、チェックしていくことが重要です。ぜひ、Google検索のサジェストキーワードや、Googleキーワードプランナーなどの機能も活用していきましょう。

Amazonのキーワードルールを確認しておく

検索キーワードには文字数を始めとして、さまざまなルールの設定がされています。Amazonの公式ルールが突然変更される可能性もありますので、最新ルールに適応できるよう月に1度は確認することをおすすめしています。

一例ですが「お買い得」や「セール中」など特定のキーワードは設定不可となっていますので、注意を払いながらキーワードの選定は行っていきましょう。

キーワード対策の分析方法

Amazon管理画面の「ビジネスレポート」から、月別・日別のセッションを把握することが可能です。そのビジネスレポートを参考にAmazonSEOについて商品ページで対策した日から、改善されたかどうかチェックしながらPDCAサイクルを回していきましょう。

ただすぐに効果が出るとは限りませんので、2週間~1ヵ月を目処に改善を見ていく必要があります。

その他:注文件数の増加により、Amazon SEOで上位表示を狙う

注文件数はAmazonの検索結果に関連があります。

これまでに記載した基本的な対策を行ったあとで売上を伸ばす施策に注力していきましょう。

直近の注文件数を増やすとは?

直近の売上とは公式な回答でありませんが「7~10日」と考えていただいて問題有りません。

商品画像の最適化や商品紹介コンテンツを作成していき、自社のブランド認知とともに売上向上につなげることができます。

まとめ

本記事ではAmazon SEOの仕組みについて解説しました。

SEOは新規ユーザー獲得に向けた対策として非常に重要です。

弊社では貴社のAmazonの検索最適化(SEO対策)について、無料でご相談に乗ることも可能ですのでぜひお気軽にお問い合わせください。

本記事を閲覧頂きありがとうございました。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる