【2024最新】Yahoo!ショッピング出店について徹底解説!審査や手順、注意点について

更新日:2024/05/09
【2024最新】Yahoo!ショッピング出店について徹底解説!審査や手順、注意点についてのアイキャッチ画像

本記事ではYahoo!ショッピングへの出店について解説します。


Yahoo!ショッピングへの新規出店や初めてECモールへの挑戦を検討されている方の中には「出店の方法がわからない」という場合や、「Yahoo!ショッピングの運営を上手くできるか自信がない」方も多いかと思います。

本記事は以下の状況の方向けに執筆しています。

・Yahoo!ショッピングへの新規出店の方法がわからない

・Yahoo!ショッピング店舗の運営がうまくできるか自信がない

・忙しくて出店ができていない

・商品ページやLPを充実させたいが素材もない

出店の手順について気になる方や自社商材がYahoo!ショッピングに適しているか知りたい方はぜひお気軽にお問い合わせください。
無料にて相談会を実施させていただいております。

【無料ご相談はこちらから】

Yahoo!ショッピングに出店するメリット

まずはYahoo!ショッピングに出店することでの店舗様のメリットについてお伝えします。

1.出店が無料

Yahoo!ショッピングのメリットとして何よりも大きいのは、出店費用がかからないことです。では店舗側の負担を軽減するため、出店費用や初期費用、月額費用が発生することはありません。その代わりに、商品が購入されるたびに決済手数料が発生するシステムとなっています。そのため、商品が想定通り売れなかった場合でも損失を被るリスクがありません。

とくにネットショップの開業が初めての人は、商品が売れず赤字になることを恐れている話をよく聞きます。しかし、無料で出店ができるYahoo!ショッピングであれば、そうした心配をする必要はありません。

2.Yahoo!ショッピング利用ユーザーからの集客が期待できる

Yahoo!ショッピングが保有するユーザーからの集客が期待できることもかなりの強みです。

引用:圧倒的集客力

Yahoo!ショッピングは、Yahoo!の各種サービスやLINE、PayPayと連携しており、膨大な数のユーザーを抱えています。

3.流通総額の規模が大きい

国内のECモールといえばYahoo!ショッピング、楽天市場、Amazonが有名です。


流通規模について楽天市場やAmazonには劣るものの、Yahoo!ショッピングの流通総額は1兆円を超えており、出店することで十分に売上が見込めます。

4.外部リンクを設置できる

Yahoo!ショッピングでは楽天市場などと異なり、自店舗内に外部リンクを設置することが許可されています。

たとえば、LINEやInstagram、Xなどの各種SNSや自社サイトへのリンクを貼り付け、Yahoo!ショッピングの中で集客したユーザーを自社の他の媒体に誘導できます。
これにより自社ECの売上向上や、ブランド認知の拡大に繋げられます。

Yahoo!ショッピングに出店するデメリット

一方でYahoo!ショッピングに出店するデメリットについてもお伝えしてまいります。

1.出店者数が非常に多く競争が激しい

Yahoo!ショッピングはその高い知名度と信頼性に加え、出店が無料であるというメリットから多くの企業や個人が店舗を構えています。

このため、同じカテゴリ内での競合店舗が増え、消費者の注目を集めるのが難しくなっています。
特に人気のあるカテゴリや商品では、新規出店者が目立つのは難しい状況です。

なのでYahoo!ショッピングでしっかりと売上をつくっていくためには他の店舗との差別化が重要です。
独自のブランディングや、特定のニッチ市場をターゲットにすることで、競争を有利に進めることができます。

定期的なセールやキャンペーンを実施することも、消費者の注目を集めるために有効です。


さらに、顧客のレビューやフィードバックを活用して、サービスの品質向上に努めることも重要です。

2.販売手数料

Yahoo!ショッピングでは出店自体は無料ですが、商品の売上が立った際には一定の手数料がかかります。

特に高額な商品を取り扱う場合、この手数料が大きな負担となることがあり、販売価格と手数料のバランスを取ることが難しい場合もあります。

そのため、まずは手数料の計算方法をしっかり理解し計画を立てることが重要です。
また、価格設定やキャンペーンを工夫することで手数料の影響を最小限に抑える戦略を立てることも可能です。

弊社ではYahoo!ショッピング出店にあたり、Yahoo!の手数料を加味した売上シミュレーション作成や出店相談を無料にて承っております。


ぜひお気軽にお問い合わせください。

【無料ご相談はこちらから】

3.ページデザインの自由度が低い

Yahoo!ショッピングのデザインテンプレートは、一貫したフォーマットに基づいてデザインされています。


これにより、例えば楽天市場などと比較すると出店者が独自のデザインやレイアウトを導入するのは難しいです。

また、ブランドのイメージを完全に表現することが難しくなる場合もあります。
このような場合、テンプレート内で許可されているカスタマイズの範囲を最大限に活用することや、商品写真や説明文を工夫することで、店舗の個性を引き立たせることができます。


高品質な写真や魅力的な商品説明を提供することで、ユーザーの信頼を獲得することが可能です。

4.個人名義での出店に制限がある

Yahoo!ショッピングでは、個人で出店する際に一定の規制が設けられています。


これにより、個人事業主やフリーランスの方々が出店するのに障壁が生じることがあります。
特に、必要な書類や手続きが複雑であると感じることが一般的です。

そのため、個人名義での出店を検討する場合は、事前にYahoo!ショッピングの出店ガイドラインを確認し、必要な書類や手続きを整えることが不可欠です。

あくまで対策の一つとしてですが法人化を検討することで、出店プロセスをスムーズに進めることができます。

Yahoo!ショッピングと他ECモールの比較

ここまででYahoo!ショッピングの特徴やメリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、他の大手ECモールとの違いが気になる方も多いと思います。


ここでは楽天市場、Amazon、Qoo10との違いを解説します。

1.Yahoo!ショッピングと楽天市場の比較

Yahoo!ショッピングと楽天市場を比較すると、売上額や会員数、商品数、出店数などで明らかな違いが見られます。

Yahoo!ショッピングの売上額は1兆円以上であり、会員数は2020年6月時点で2,340万人です。一方、楽天市場は売上額が3兆9,000億円以上であり、会員数は1億人以上です。

商品数に関しても、Yahoo!ショッピングは2017年12月時点で2.8億点以上ですが、楽天市場は3.6億点以上の品揃えがあります。

出店数においても、Yahoo!ショッピングは2019年3月末時点で約872,289店舗であるのに対し、楽天市場は2022年3月末時点で約56,000店舗となり、Yahoo!ショッピングの方が競争が激しいことがよくわかります。

ただし、楽天市場の場合は出店料が高いことがデメリットです。さらに各種販売手数料も発生し、毎月の出店費用も19,500円からかかります。

そのため、利益を上げ続けるには、手数料を上回るだけの利益を確保する必要があります。これは、販売実績の豊富なベテラン出品者であれば可能かもしれませんが、初心者にとってはハードルが高いサービスといえるでしょう。

楽天市場への出店については以下記事もご参照ください。

2.Yahoo!ショッピングとAmazonの比較

Yahoo!ショッピングとAmazonの比較を行うと、楽天市場との比較同様に売上額や会員数、商品数、出店数などで明確な違いが見られます。

Yahoo!ショッピングの売上額は1兆円以上であり、会員数は2020年6月時点で2,340万人です。
一方、Amazonは2019年時点での売上額が3兆4,238億円であり、会員数は5,004万人です。

商品数についてはYahoo!ショッピングも2017年12月時点で2.8億点以上と多くありますが、Amazonは5億点以上の豊富な品揃えがあります。

出店数においては、Yahoo!ショッピングは2019年3月末時点で約872,289店舗であるのに対し、Amazonは2021年7月時点で約40万店舗となりYahoo!ショッピングが約2倍、それだけ競争が激しいと言えるでしょう。

Amazonの特徴の一つは、FBA(Fulfillment by Amazon)という配送代行サービスを提供している点です。このサービスは、販売から発送、在庫管理や顧客対応までを一手に引き受けてくれます。しかし、Amazonの出店数が非常に多いため、どのカテゴリーでもライバル店との競争は激しいでしょう。

Amazonの出店については以下記事もご参照ください。

3.Yahoo!ショッピングとQoo10の比較

最後に、Yahoo!ショッピングとQoo10の比較です。

Yahoo!ショッピングは売上額が1兆円以上であり、2020年6月時点で2,340万人の会員数を誇ります。
一方、Qoo10は2021年時点での売上額が2,004億円であり、2020年12月時点で1,750万人以上の会員数を有しています。

商品数に関しては、Yahoo!ショッピングが2017年12月時点で2.8億点以上の品揃えに対し、Qoo10は1.2億点以上の商品数を持っています。

出店数においても、Yahoo!ショッピングは2019年3月末時点で約872,289店舗であるのに対し、Qoo10は2020年7月時点で約12,600店舗となっています。

このようにQoo10との比較については規模感はYahoo!ショッピングが優勢です。
ただし、Qoo10に適した商材などもあるので、商材特性も含めて検討しましょう。

Qoo10もYahoo!ショッピング同様に、月額固定費が発生せず、個人事業主でも手軽に出品が可能です。

ただし、Qoo10は低価格を売りにしているモールであり、価格競争が激しいのが特徴です。そのため、薄利多売の傾向があり、大きな収益を上げることは難しいかもしれません。

総じて言えることですが、自社の商品やサービスがプラットフォームに適しているかどうか見極める必要があるでしょう。

Qoo10の出店については以下記事もご参照ください。

まとめ

今回はYahoo!ショッピング出店のメリットやデメリット、楽天市場やAmazon、Qoo10と比較した際のYahoo!ショッピングの特徴についてお伝えしてきました。

Yahoo!ショッピングは出店料が無料など出店のハードルが低い分店舗数が多く、競合に勝つための施策が他ECモールよりも重要になってきます。

どのECモールに出店するべきかも含め、貴社の状況を無料で分析させていただくことも可能ですのでお気軽にご相談ください。

本記事を閲覧いただきありがとうございました。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる