Amazonクーポン発行方法!規約や条件、作成〜配布までの手順も解説!

更新日:2024/05/27
Amazonクーポン発行方法!規約や条件、作成〜配布までの手順も解説!のアイキャッチ画像

弊社はECを中心として、売上向上に向けたサービスを展開しています。

今回は日々の業務で培ったノウハウから、Amazonのクーポン(クーポンプログラム)について徹底的に解説をしていきます。

Amazonで売上アップを測っていくためには商品の購入率、つまりコンバージョンレートも非常に重要です。

そこで購入率の改善で活用したいのがAmazonクーポンプログラムになります。実際、弊社のご支援先でもクーポンプログラムを上手に活用することで、ブランド認知の向上や売上アップにつなげることができています

本記事ではAmazonのクーポンプログラムについて「発行方法」や「規約・条件」と「作成から配布までの手順」も詳しく解説していきますので、基本からAmazonのクーポンプログラムを理解して、施策の一つとして活用できるようにしていきましょう!

弊社ではAmazonの新規出店や売上アップに悩まれている方を対象に無料で相談会を行っています。ぜひご興味があればお申し込みくださいませ!

目次

Amazonのクーポン(クーポンプログラム)とは?

ではAmazonのクーポンについて具体的にご紹介をしていきます。

Amazonのクーポン(クーポンプログラム)の概要

Amazonのクーポンとは「クーポンプログラム」と呼ばれる販促機能を活用して発行できるクーポンサービスのことを指しています。

具体的に言うとAmazonクーポンを発行・活用することで、ユーザーは購入時に商品価格から「XX%オフ」や「XX円オフ」といった割引を受けられるようになります。

Amazonクーポンは購入者のハードルを下げることができますので、ユーザーが最後に商品を比較して購入を検討する際の後押しになります。クーポンをうまく活用することで、直接的に売上や転換率の向上や新規顧客獲得にもつなげることができます

少し前まではセラーセントラル中の広告タブ内のプロモーションからクーポン発行ができましたが、現在では「クーポンプログラム」として活用することができるため、Amazon内でのクーポン発行が手軽かつ迅速に作成・発行できるようになりました。

Amazonクーポンプログラムの発行条件・規約

ただしAmazonのクーポン発行には要件(利用条件・規約)があります。

具体的には以下の3つが規約の条件として掲載されています。

  • 出品プランが「大口出品」であること
  • 出品者評価がないか、3.5以上の出品者評価を維持できていること
  • Amazon上での商品販売経験が14日以上あること

クーポンを活用する前に上記の条件を満たしているかしっかりと確認しましょう。出品者評価についてはセラーセントラルの「パフォーマンス>評価管理」より確認することができます。

Amazonクーポンプログラムが活用可能な商品

またAmazonでクーポンを発行できる商品にも条件があり、以下の条件を満たしてなければクーポン発行を行うことはできません。

  • 商品が新品であること
  • 出品者からの出荷、FBA出荷、あるいはマケプレプライム商品であること
  • レビューの件数が0であること
  • レビュー件数が1〜4件の場合、その平均評価が2.5点以上であること
  • レビューが5件を超える場合、その平均評価が3.0点以上であること
  • 商品ページには不快感や嫌悪を引き起こす内容が存在しないこと

商品によってはAmazonクーポンの発行ができませんので、発行条件ついてもしっかりと確認しておきましょう。

Amazonクーポンを発行する6つのメリット

結論、Amazonでクーポンを発行するメリットは以下の6つです。

  1. ユーザーの流入数アップを期待できる
  2. 商品ページの露出回数が増やせる
  3. 成約率向上に強く影響する
  4. 実質的な値下げができる
  5. SEOにも良い影響がある
  6. 高評価レビューがつきやすい

ユーザーの流入数アップを期待できる

Amazonでクーポン発行すると、以下のように商品の検索結果に「緑色のクーポンマーク」が表示されるようになります。他の商品よりも圧倒的に目立ちますので、競合と比較して差別化ができるようになり、アクセス数の上昇が期待されます

商品ページの露出回数が増やせる

またAmazonクーポンを発行することによって商品ページの露出回数を増やすことができるようになります。

実はAmazonのクーポンを発行すると、以下のようにクーポンがついた商品だけが表示されるAmazonクーポンページに掲載されます。

通常検索結果への掲載はもちろんですが、Amazonクーポンページにも表示される可能性が大きくありますのでクーポンのある商品のみをチェックしたいユーザーからの流入が期待されます。

特に人気のクーポンや数量限定クーポン、半額クーポンなどについては比較的、目に留まりやすいのでメリットが大きいでしょう

成約率向上に強く影響する

そしてAmazonクーポン発行の3つ目は「成約率(コンバージョン率)の向上が期待できること」です。

よくあるケースとしては、最後の一押しに用いられることが非常に多いです。つまり新規ユーザーでトライアル的に購入したいと考えるユーザーがいたと仮定すると、店頭段階にいるユーザーについてはそのようなクーポン発行によって購入ハードルが比較的下がるかと考えられます。

また、Amazonのクーポンは使用期限を設定することが可能であるため、早く購入しようという心理が働いたり、そもそも取得したその日から使用することができますので、クーポンを使い忘れてしまう可能性も低いです。

実質的な値下げができる

そしてAmazonクーポン発行の4つ目はシンプルで「実質的な値引きができること」です。

クーポン発行は実質的に商品価格を下げて販売することができます。メーカーからの支持で値引きが許可されていないことも考えられますが、クーポン発行であれば問題ないというケースも多く耳にしています。

もし値引きができない場合については「Amazonのクーポン発行だけでも可能か」各メーカーに確認することをおすすめします。

SEOにも良い影響がある

これは中長期的ではありますがAmazonのクーポン発行によって、SEOにも良い影響が出てきます

Amazonでは検索順位と『直近』の売上金額が関係していると考えられています。そして前述している通りAmazonのクーポンについては有効期限の設定ができるため、特定期間での売り上げが大きく向上する可能性があります

特定期間での売り上げが大きく向上すると、検索結果においても上位に表示される可能性が出てきますので中長期的に売上アップを期待することができます。

高評価レビューがつきやすい

そしてAmazonのクーポン発行した商品については、高評価のレビューがつきやすい傾向にあります。

クーポン発行については価格に敏感なユーザーや新規顧客が多い傾向にありますので、顧客の満足度も高くなる可能性があります。

EC全体の話にはなりますが、高評価のレビューがある商品ほど売り上げが高くなる傾向にあります。

ただしクーポンの使用とレビューが直接的に関係していることをアピールすることは、Amazonの規約に違反してしまいますので、レビューへの影響を明記しないように注意しましょう。

Amazonクーポンを発行する2つのデメリット

ではAmazonのクーポンを活用するデメリットはあるのでしょうか。

具体的には以下の2つがデメリットです。

=====================

  1. 利益率が低くなる
  2. クーポン発行に手数料がかかる

=====================

利益率が低くなる

これは当然ですがAmazonのクーポンを発行すると差し入れた分の利益率が下がってしまいます

将来的な効果を考えるとプラスになる可能性は大きくありますが、「いくらの値段でクーポンを発行する」か「期間はどの程度で発行するのか」などを競合などをしっかりと調査した上で検討し、決定していく必要があります。

もしクーポン発行の金額などに悩まれてる際は、無料で相談に乗らせていただきますので以下のフォームからお問い合わせくださいませ。

クーポン発行に手数料がかかる

またAmazonクーポンを発行すると、手数料がかかってしまうことにも注意が必要です。

具体的には1枚あたり60円の引換手数料がかかってしまいます。100枚クーポンを発行すると「1枚60円×100枚=6,000円」の追加コストがかかってくる計算です。

そのため利益率への影響とクーポン発行手数料についてしっかりと検討していき、「販促コスト」と「利益」のバランスを計算していくことが重要です。

Amazonクーポンの発行・作成手順【6ステップ】

ではここから実際にどの様にクーポンを発行していくのか発行(作成)手順をご紹介していきます。

=====================

  1. 商品を選定する
  2. スケジュールの設定を行う
  3. 割引額(割引率)を設定する
  4. クーポンの予算設定する
  5. クーポンの名称を設定する
  6. ターゲティングをする

=====================

商品を選定する

まずは、Amazonセラーセントラルにログインして「広告>クーポン」の順にクリックします。そして、画面右上にある「新しいクーポンを作成」をクリックしてください。

すると「対象になる商品」と表示されますので、クーポンを発行する商品の「ASIN」を入力します。ASINとは、Amazon内で商品を識別するために用いられる10桁の英数字コードになります。

対象となる商品が表示されたらチェックを入れて「次へ」をクリックしてください。クーポンの発行は最大で50個までとなりますので注意が必要です。

スケジュールの設定を行う

続いてクーポンの詳細設定画面が表示されますのでスケジュールを入力していきましょう。

クーポンは最短で2日~90日の間で設定することができます。もちろんクーポン発行後にもスケジュールの変更を行うことはできますので、安心していただければと思います。

なお、クーポンの申請には審査が必要です。審査の通過に「最大で6時間」がかかりますので、クーポンを発行を当日に行うのであれば申請タイミングに注意してください。

割引額(割引率)を設定する

クーポンの利用期間を設定できたら、次に下記の3つの設定をしていきます。

割引単位

割引率(額)

利用制限

割引単位については%で設定するか、円で設定するかを選択することができます。ただし割引率については、『Amazonクーポンを発行する商品の過去30日間で販売されていた最低の価格に対して、5%以上50%以下で設定』しなければいけません

利用制限については特に制約がなければ、1人が何度でも使用できるように設定することをおすすめします。

クーポンの予算設定する

では割引率の設定ができたら次にクーポンを発行する際の予算を設定していきましょう。

Amazonのクーポンは最低10,000円から設定することが可能です。ただし先ほどもお伝えしたようにクーポンの割引額とは別に引き換え手数料がかかってきますので注意をしていきましょう。

例えば予算上限1万円で1000円のAmazonクーポンを10枚発行する場合には以下のような手数料がかかってきます。

クーポンの割引額「10,00円×10枚=10,000円」

引換手数料「1枚60円×10枚=600円」

上記からクーポンの予算額は10,600円となります。

クーポンの名称を設定する

そしてクーポンの予算を設定した後は「クーポン名」の入力をしていきます。

クーポン名は100字以内に設定するのがおすすめになります。

またクーポンを発行する商品の「商品名」や「ブランド名」を入力しながら設定をすると、今後クーポンを管理する際に目視で管理できるようにもなりますので、クーポンを発行される際はぜひ商品名やブランド名の入力をしてください。

※注意事項※

ちなみにAmazonの特定イベント(例えばプライムデーなど)をクーポン名に入力することはできません。また気をつけなければいけないのは、割引率を示す数字を入れることもできません

ターゲティングをする

ここまでで、ある程度クーポン設定(発行)は完了しています。

最後にクーポンを利用する対象ターゲットを選定していきます。

選択できるのはすべての購入者もしくはAmazonプライム会員の2種類になります。基本的に特別な理由がない限りは全ての購入者を選択して設定するのが良いかと思います。

Amazonクーポンの発行をおすすめする商品6選

ただし、どのような商品にもAmazonのクーポンを発行すればいいというわけではありません

お伝えしている通りAmazonのクーポンは直接的な割引になりますので、しっかりと商品を選定してクーポンを発行していく必要があります。

=====================

  1. アクセスだけ多く、転換率が低い商品
  2. リピーター商品
  3. 自社内の「人気商品」
  4. 新商品
  5. トライアル商品
  6. SNSバズっている競合商品に「近い」商品

=====================

ではここからは、クーポンを発行するおすすめの商品をご紹介していきます。

アクセスだけ多く、転換率が低い商品

まずはAmazonユーザーからの閲覧数は多いが、転換につながっていない商品についてはクーポンの発行をしてみましょう。

すでにお伝えしている通りクーポンの提供は購入のハードルを下げることができますので、例えば「価格が多少高くて購入することをためらっているユーザー」からの転換を期待することができます。

リピーター商品

次はリピーター商品です。リピーター商品とクーポン発行非常に相性がいいです

理由としてはすでにお伝えしている通りクーポンで一時的に売り上げが下がったとしても今後継続して商品を購入いただける可能性が非常に高いからです。

もちろん、アクセスが増えるタイミングのセールなどを狙ってクーポンを発行していくのが良いでしょう。

自社内の「人気商品」

そしてすでに人気の売れ筋商品にクーポンを適用することもおすすめです。

人気商品についてはすでにレビューもたまっているかと思いますので、ある程度の基盤ができていることが考えられます。クーポンでハードルを下げてさらにレビューが良い場合については転換率が非常に高くなりますので、積極的にクーポンの発行をしていきましょう。

新商品

新商品については積極的にクーポン発行していきましょう。新商品ですので当然ですが、市場認知やAmazonそのものでの検索順位も低いです。そのため、販売数の増加や早期のレビュー獲得のためにクーポンを発行していくことをおすすめします。

トライアル商品

また「トライアル商品(お試し商品)」についてもクーポンの発行をしていくことをおすすめします。

弊社のご支援先でもトライアル製品についてクーポン発行をした後に爆発的に注文が伸びた事例があります。もちろんその後の本商品への流入も増加し売り上げも増えていますので、非常に効果的な取り組みかと思います。

SNSバズっている競合商品に「近い」商品

最後はSNSでバズってる商品に「近い」商品になります。SNSで競合商品などがバズると、必ず多くのユーザーがAmazon内で検索をします。

その際にもちろんですが競合の商品だけではなく、自社の商品が表示されることも考えられますし、競合が在庫切れを起こしていることも考えられます。

その「人気に乗っかる」ではありませんが、近い商品を購入する可能性もありますし、せっかくならクーポンがある商品を購入するユーザーがいることも考えられます。

ただし、しっかりと日頃からSNSをチェックしなければいけませんので、見かけたら程度で良いかと思います。

Amazonクーポンで売上を上げるための活用(発行)ポイントは?

では商品を選定した後は、どのようにAmazonクーポンを活用していけば「Amazon店舗の売上を上げることができるのか」ご紹介をしていきます。

=====================

  1. ターゲットやペルソナを明確にしてクーポン発行を行う
  2. クーポンの「額」と「率」は使い分ける
  3. クーポン発行のタイミングはセール中にする
  4. クーポン発行の期間は1週間~1ヶ月にする
  5. クーポンと広告を同時に使う

=====================

ターゲットやペルソナを明確にしてクーポン発行を行う

Amazonのクーポンをうまく活用するためにはターゲットやペルソナをしっかりと明確にしておくことが重要です。

以下に弊社でご支援する際に作成しているペルソナシートを載せておきますので、是非参考にしてみてください。

ターゲットやペルソナが明確でないとそもそもクーポンを発行したのに使われないというリスクも考えられますし、新規顧客にクーポンを発行したいのか、リピーター向けにクーポンを発行したいのかなどで、戦略が大きく変わるかと思います。

その他入学入社前の今のような時期については、新学期・卒業キャンペーンなどと題して、クーポンを発行しても良いかと思います。

クーポンの「額」と「率」は使い分ける

EC全体でも言えますが、実はAmazonクーポンでもクーポンの「割引額」と「割引率」では効果が異なると言われています

例えば「割引率」については高額商品について効果的だと言われています。理由としてはAmazonユーザーが大きな割引率を感じやすいからだと考えられています。

また低価格商品については「割引額」が有効です。例えば1000円の商品の「10%オフ」と「100円割引」では、実は「100円割引」の方が効果が良いです。

クーポン発行のタイミングはセール中にする

Amazonのクーポンを「いつ発行するか」ということは非常にクーポンの使用率や効果に影響が出てきます。

弊社でのAmazonのクーポン発行のおすすめは「セール期間中」です。

理由はシンプルで通常時に比べてAmazon自体へのアクセスが非常に多くなりますので、クーポンが目につく可能性も高まりますし、新規ユーザーが増えるタイミングでもあります。

クーポン発行の期間は1週間~1ヶ月にする

またクーポンの発行期間は1週間から1ヶ月がおすすめです。短すぎると顧客が反応する時間がありませんし、長すぎてもユーザーがクーポンを獲得しても、忘れてしまい利用されないというリスクもあります。

クーポンと広告を同時に使う

AmazonのクーポンはAmazon内広告と同時に利用することをおすすめしています。

もちろん商品を絞った形で、自社の人気商品や入り口商品、リピーター商品だけで行うべきだと思います。

Amazon広告によってアクセス数を大幅に伸ばした上で、クーポンで成約率を上げていくという流れになります。

Amazonのクーポン発行で早期に効果を出したいなら「Finner(フィナー)」にご相談を

もし効果的にクーポン発行を行い、スピード感をもって売上向上を狙っていきたいと考えているのであればAmazonのコンサルティング会社に相談をしてみることもおすすめです。

また「リソースがなく施策の実行できない場合」にはAmazonの運用代行に相談してみても良いでしょう。

「Finner(フィナー)株式会社」もAmazonのコンサルから運用代行まで幅広くサポートを行っており、戦略立案や分析から制作・施策実行まで一気通貫でご支援しています。

Amazon運用で心配な際は、様々なサポートを提供しておりますのでぜひ一度ご相談ください。

まとめ

本記事では「Amazonクーポンについて、発行方法や規約・条件、作成〜配布までの手順」を徹底的に解説しました。

記事を最後まで見てくださり、誠にありがとうございました。この記事が皆様にとって役に立っていますと幸いです。

弊社では、Amazonに関するほとんどの業務を代行可能ですので一度ぜひ何かあればご連絡ください。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる