【SKU対応後】楽天のCSV商品一括編集機能を基本から徹底解説!

更新日:2024/06/14
【SKU対応後】楽天のCSV商品一括編集機能を基本から徹底解説!のアイキャッチ画像

弊社はECモールのご支援を中心として、売上向上に向けたサービスを展開しています。

今回は日々の業務で培ったノウハウから、SKUプロジェクト対応後の楽天内のCSV商品一括編集機能について徹底的に解説をしていきます。

対応前とは少しCSVファイルが変わっていたりするので、細かくご紹介をしてまいります。

楽天のCSV商品一括編集機能ってなに?

まずは楽天のCSV商品一括編集機能の概要など、前提からご紹介していきます!

楽天のCSV商品一括編集機能の概要

楽天市場のCSV商品一括編集機能とは「楽天市場での業務(運営)を効率化するためのツール」で、出品している商品に関する情報をCSVファイルで一括編集できるようにする機能を指しています。

たとえば自社で「ポイント5倍になるセール」を行うときなどは以下の画像のように【ポイント5倍】と自社の該当商品名の冒頭に付けて他社の商品との差別化を図りたいと考えるかと思います。

その様な場合にCSV商品一括編集機能を活用することで一括で商品名などを変更することができます。

もちろん商品数が少ない場合は手動でも問題ありませんが、商品数が多くなるにつれて手動で行うことが手間で膨大な時間もかかってきます。

月額10,000円(税込11,000円)の利用料金がかかる有料サービスですが、個別での商品登録の手間などを考えると大幅に効率的に作業ができるようになりますので、非常にオススメのサービスです。

楽天のCSV商品一括編集機能の3つのファイル

楽天のCSV商品一括編集機能には大きく3つに分かれています。

①商品更新用CSVファイル(normal-item.csv)

②商品削除用CSVファイル(item-delete.csv)

③カテゴリ登録用CSVファイル(item-cat.csv) ※継続※

過去には以下の3つに別れておりましたが、SKUプロジェクト対応後はCSVファイルが変更になりました。

・イベント時に商品情報を一括変更できる【item.csv】

・選択肢や注意書きを一括で追加できる【select.csv】

・商品のカテゴリを一括で付け替える【item-cat.csv】 ※継続※

①商品更新用CSVファイル(normal-item.csv)

新規での商品登録や、SKU登録、商品オプション登録を一括で行うことができたり、現在楽天市場内に登録している商品についてのSKUの販売価格や在庫数、商品の販売期間などを一括で更新することができます。

②商品削除用CSVファイル(item-delete.csv)

このファイルは非常にシンプルで楽天市場内に登録している商品について、そもそもの商品の一括削除や、SKU・商品オプションについても一括で削除することができます。

③カテゴリ登録用CSVファイル(item-cat.csv)

あまり活用されることはないかと思いますが、このファイルを用いることで楽天市場に登録されている各商品のカテゴリ登録や削除、カテゴリ内の優先順位設定などを一括で編集できるようになります。

楽天のCSV商品一括編集機能でできること/できないことを表でまとめました

ざっと確認できるように、楽天のCSV商品一括編集機能でできることとできないことを一括でまとめさせていただきました!ぜひ参考までにご確認ください!

楽天のCSV商品一括編集機能のメリットとデメリット

◯楽天のCSV商品一括編集機能のメリット

CSV商品一括編集機能のメリットは大きく4つあるかと思います。

1. 商品情報が効率よく管理できる
2. セールやイベントに余裕を持って対応できる
3. 施策を楽に行い、効果検証時時間を充てられる
4. 使い慣れたExcelで作業をおこなうことができる

いずれにせよCSV商品一括編集機能を活用することで全ての「作業時間」が大幅に削減されることがメリットです。

EC運営は「運用作業」と「戦略立案」に大きく業務が別れますが、無駄な作業の時間を短縮して、戦略立案(および分析業務)に時間をあてられるようにしていくことが非常に重要です

楽天のCSV商品一括編集機能のデメリット

CSV商品一括編集機能のデメリットは大きく2つあるかと思います。

1. 年間12万円の利用料金がかかる
2. 一括での編集なので、商品情報が消える可能性がある

CSV商品一括編集機能の料金については触れてきたとおりですが、CSVでの作業時間削減は従業員の給料をシンプルに時給換算しても十分に元が取れる価格かと思います。

ただ注意が必要なのが、商品情報が消えてしまうリスクです。

このリスクの回避方法などは後述しております。

社内運用の観点から見る楽天のCSV商品一括編集機能について

基本的にCSV(≒Excel)での操作になりますので普段慣れたツールということもあり、楽天市場のRMSを触ったことがない補佐で入ってくれている方がいる場合には「タスクとして非常に振りやすい」というメリットもあります。

弊社ではコンサルティング(ディレクション)と実運用を分けて分業制を行っているのですが、ディレクションの最終確認の際にCSVで一覧で見ることでミスを確認しやすく、現在まで大きなミスのない運用を行うこともできています。

また楽天以外のモールを複数運営しているケースにも非常にオススメです。各項目をまとめて管理ができますので、ミスが減り、より効率的なモール運用が可能になります。

楽天のCSV商品一括編集機能の登録と利用方法

ではここからは利用開始までのステップをまず見ていきます。

楽天のCSV商品一括編集機能の利用の事前準備物

楽天のCSV商品一括編集機能を活用するにあたって準備するものは以下の大きく2つです。

①CSVを編集できるソフト

ExcelやAccessなど、CSVファイルを編集できるソフトが必要になります。店舗ナビではAccessを推奨していますが、弊社でもExcelを使用しており問題有りません。

②SFTPソフト

難しい言葉のように聞こえますが、要は「CSVファイルをダウンロード・アップロードするためのソフト」です

CyberDuckなどが有名で、無料で利用することができます。先にダウンロードしておきましょう!

またその他当然ですが、先程ご紹介差し上げていたように月額で11,000円(税込)が必要になりますので会社で稟議が必要な場合などには事前に予算の確保を行っておきましょう。

1. RMSから利用申込する

1-1. RMSにログインして、店舗様向け情報・サービスから「オプション機能利用申込・解約」をクリック

1-2. CSV商品一括編集から「申込・解約」をクリック

1-3.申請/利用状況一覧画面に遷移して「申込みする」をクリック

※CSV商品一括編集の解約時※

申込後は以下のように画面が変わり、CSV商品一括編集機能についてはこの画面から解約を行うことが可能です。

2. SFTPソフトを設定する

前述しているように各種CSVのダウンロードやアップロードには「SFTPソフト」が必要になります。

簡単に以下設定できるので、お試しくださいませ。

◯転送プロトコル

SFTP

◯ホスト名とポート番号について

詳しくはこちらの店舗Naviをご確認ください。

ダウンロードしたソフトによって手順が変わります。

※要RMSログイン

CyberDuck(サイバーダック)の場合

https://navi-manual.faq.rakuten.net/item/000046867?scid=wi_man_syncsearch

WinSCP(ウィンエスシーピー)の場合

https://navi-manual.faq.rakuten.net/item/000046866?scid=wi_man_syncsearch

◯ユーザー名とパスワード

CSV商品一括編集機能の申込み完了時に表示されたユーザー名、パスワードを入力

3. CSVファイルをダウンロードして編集・アップロードする

ではこれで各種設定が終わりましたので実際にCSVファイルをダウンロードしていきましょう!

3-1. RMSから「商品管理 > CSV一括編集 CSVダウンロード」を選択

3-2. 条件を絞り込んで、CSVに抽出したい項目を選択する

本画面でCSVに抽出したい項目を選択し、ダウンロードを行うことができます。

ちなみに、まだ商品の登録を行っていない店舗様は何かテスト的に1つ商品を登録して、CSV上にどの情報が反映されるか確認をしてみることをおすすめします

ダウンロードしたファイルについてはExcelやAccessを使ってCSVの編集を行い、SFTPソフトを活用してCSVファイルをサーバーにアップロードするという流れです。

楽天のCSV商品一括編集機能の活用方法5選

では実際に登録が終わり、活用できる状態になったところで、どの様に各種店舗がCSV商品一括編集機能を活用して業務効率化を行っているかご紹介していきます!

1. イベントごとに商品情報を更新する時に活用する

これはCSV商品一括編集機能の【normal-item.csv】を活用すると可能です。

イベント時の利用がやはり1番多くなるかと思います。

弊社でもこの機能は非常に活用していますが、イベント時にCSV商品一括編集機能を活用して一括で商品情報を更新しています。

例えばお酒を扱っている店舗様ですと、お花見の時期になると「花見」「はなみ」などの文言を全ての商品に挿入するケースもあるかと思います。

また楽天スーパーSALEやお買い物マラソンなどのイベント時には商品価格の変更やポイントの変更なども行うかと思いますが、一括でnormal-item.csvを活用することで変更することができます。

楽天はイベントも多く、いちいち商品情報を変更していると面倒なのであまり商品の変更や価格の変更がない場合にはイベントごとにCSVファイルを用意しておいて、差し替えるだけにしておくのもオススメです

2. 大量の商品を登録するときに活用する

これもCSV商品一括編集機能の【normal-item.csv】を活用すると可能です。

基本の活用ですが、50点を超える商品を登録する際などは確実にCSV商品一括編集機能を活用したほうが良いと思います。

商品登録は場合にCSV商品一括編集機能を使っていない場合、平気で数日から数週間かかってしまいます。

もちろん専業で商品登録だけを行っていればそこまで時間もかかりませんし、慣れていれば問題ないですが、楽天市場の店舗運営を任された担当者様の業務は多岐に渡るかと思います。

もし商品登録にあまりに時間がかかっている場合は弊社でも商品登録作業の代行業務も行っておりますのでお気軽にお声がけくださいませ

3. 選択肢でお問い合わせやキャンセルを減らしたい場合

これはCSV商品一括編集機能の【normal-item.csv】を活用すると可能です。

CSV商品一括編集機能の活用で選択肢を一括編集することができますので、択肢の活用によって自社の業務負担を減らしていくために活用している店舗様もいらっしゃいます

いくつか参考までに問い合わせやキャンセルを減らすための選択肢を乗せておきます。

ただし選択肢が多すぎると、転換率にも影響が出る可能性がありますので、多くても3つ程度の選択肢に留めておきましょう。

4. LINEの登録者数を増やしたい場合

これもCSV商品一括編集機能の【normal-item.csv】を活用すると可能です。

以下のような形でLINEクーポンへの誘導が可能です。

特にリピーターが多い商材では配置しておくことでLINE登録者の向上が期待されます。

こちらも転換率に影響が出る可能性があるため、商品選定やタイミングなどは考慮して配置する必要があります。

ただ、楽天市場ではメルマガ配信かLINE配信の基本的に2択しか直接的に楽天ユーザーにアプローチを行うことができませんのでLINE登録者を増やしておいて損はありません。

5. 商品のカテゴリを一括で付け替える

これはCSV商品一括編集機能の【item-cat.csv】を活用すると可能です。

基本的にはカテゴリの変更を行うことはないかもしれませんが、カテゴリの再編を行う際などには重宝される機能です。

よくあるケースとして美容系商材の「ビール」を取り扱っている店舗様で、「外国産クラフトビール」を自社商品に追加しようと考えている際に「国産クラフトビール」と「外国産クラフトビール」でカテゴリを分けようと考えているケースなどには活用できるかと思います。

CSV商品一括編集機能を活用することで、カテゴリ間の移動も楽になりますので非常にオススメです。

楽天のCSV商品一括編集機能での注意点

商品情報のバックアップはアップロード前に取っておく

CSV商品一括編集機能を利用する際には『必ず商品情報のバックアップ』を行ってください

方法は以下の2つでバックアップを取っておくことをおすすめします。

①あらかじめ全ての商品情報のバックアップを取っておく

②ダウンロードしたCSVファイルをコピーして保存しておく

CSV商品一括編集機能は一括で商品情報の変更ができるため、非常に便利な一方でたとえば価格など1行ずれてしまうだけで意図せず大きな変更になってしまいます

ただ、バックアップがあれば再度アップロードするだけでもとに戻せるので、自社の作業マニュアルなどに必ず入れておいてください

ただ情報の反映には多少の時間がかかるため、基本的には一瞬で変わるということはないのでご安心いただければと思います。(特にスーパーSALE時はおそらくサーバーの関係でその傾向にあります。)

楽天のCSV商品一括編集機能:まとめ

本記事ではSKUプロジェクト対応版として「楽天のCSV商品一括編集機能」について解説しました。

記事を最後まで見てくださり、誠にありがとうございました。この記事が皆様にとって役に立っていますと幸いです。

弊社では今回ご紹介した商品情報の編集・管理運用代行はもちろんのこと、分析業務や戦略立案、運用の代行まで楽天市場に関するほとんどの業務を代行可能です。

「ECモールの業務を効率的に作業したい」「商品登録をお任せしたい」などという場合は、ぜひ下記の一度お問い合わせページからお気軽にご相談ください。


Written by
荻野 勇斗
Finner株式会社 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、楽天グループ株式会社に入社。
楽天では関東地方や中部地方を中心に商材ジャンルを問わず、SOY受賞店舗を含めて約500店舗のコンサルティングを経験。
楽天卒業後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、CRMを中心としたBtoCマーケティングご支援の経験。

その後、急成長のECコンサルティングスタートアップ企業の開業2期目に事業責任者として参画。同社にて楽天市場だけではなくAmazonやYahoo!ショッピング、自社ECサイトなど様々な形態・商材ジャンルのEC店舗の立ち上げ〜コンサルティング事業に従事。
現在はECコンサルティング・運営代行事業を中心としたFinner株式会社を設立し、クライアントのECコンサルティングや運営代行を担う。

ご質問やサービスについてのお問い合わせなど

なんでもお気軽にご相談ください

フォームに必須事項をご入力の上、送信してください。
担当者が内容を確認後、1営業日以内にご連絡いたします。

    弊社のプライバシーポリシーに同意の上、

    「お問い合わせをする(無料)」をクリック⁩してください。


    会社紹介を見る
    Company
    Finner(フィナー)の会社概要や代表あいさつ、役員紹介はこちらから確認いただけます。
    サービス資料を
    ダウンロードする(無料)
    Service Materials
    ECサイト運営支援、CRMコンサルティングのより詳細な資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    楽天コンサル31社比較資料を
    ダウンロードする(無料)
    Useful Materials
    ECサイト運営、CRM全般についてすぐに実践に活かせる資料はこちらから無料でダウンロードできます。
    お問い合わせをする(無料)
    Contact
    各種ご支援に関する無料ご相談はこちらから。どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。
    ECサイト運営&CRM活用の無料相談実施中 ※月5社限定
    無料相談してみる